Oracle Linux 7: runc(ELSA-2024-12148)

high Nessus プラグイン ID 190379

概要

リモートの Oracle Linux ホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 7 ホストに、ELSA-2024-12148アドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- runc は、OCI 仕様に従って Linux でコンテナを生成および実行するための CLI ツールです。runc 1.1.11 以前では、内部ファイル記述子の漏洩により、攻撃者は、(runc exec から) 新しく生成されたコンテナプロセスに、ホストファイルシステムの名前空間に作業ディレクトリを持たせ、ホストファイルシステムにアクセス権を与えることで、コンテナを回避させる可能性があります (攻撃 2)。悪意のある画像を使用して、同じ攻撃を悪用し、コンテナプロセスが runc run を通じてホストファイルシステムにアクセスする可能性があります (攻撃 1)。攻撃 1 および 2 のバリアントは、準任意のホストバイナリを上書きするためにも使用され、完全なコンテナ回避が可能になります (攻撃 3a および攻撃 3b)。runc 1.1.12 にこの問題のパッチが含まれています。(CVE-2024-21626)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるruncパッケージを更新してください。

参考資料

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2024-12148.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 190379

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2024-12148.nasl

バージョン: 1.1

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2024/2/9

更新日: 2024/2/12

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.9

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.2

現状値: 6

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2024-21626

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.6

現状値: 8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:linux:7::addons, cpe:/a:oracle:linux:7::developer, cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:runc

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2024/2/9

脆弱性公開日: 2024/1/31

エクスプロイト可能

Metasploit (runc (docker) File Descriptor Leak Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2024-21626

IAVA: 2024-A-0071