Fedora 39 : wireshark (2024-b72131479b)

high Nessus プラグイン ID 190384

Language:

概要

リモートの Fedora ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Fedora 39 ホストには、FEDORA-2024-b72131479b のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Wireshark 4.0.0 から 4.0.8 および 3.6.0 から 3.6.16 の RTPS ディセクタのメモリ漏洩により、パケットインジェクションまたは細工されたキャプチャファイルを介したサービス拒否が発生します (CVE-2023-5371)

- Wireshark 4.0.0 から 4.0.10 に SSH ディセレクタクラッシュがあり、パケットインジェクションまたは細工されたキャプチャファイルを介したサービス拒否が発生します (CVE-2023-6174)

- Wireshark 4.2.0、4.0.0 から 4.0.11 および 3.6.0 から 3.6.19 に GVCP ディセレクタクラッシュがあり、パケットインジェクションまたは細工されたキャプチャファイルを介したサービス拒否が発生します (CVE-2024-0208)

- NetScreen ファイルパーサーがクラッシュする可能性があります。無効な形式のパケットをワイヤに挿入したり、誰かに無効な形式のパケットトレースファイルを読み取らせたりすることで、Wireshark をクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2023-6175)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受ける 1: wireshark パッケージを更新してください。

参考資料

https://bodhi.fedoraproject.org/updates/FEDORA-2024-b72131479b

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 190384

ファイル名: fedora_2024-b72131479b.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2024/2/10

更新日: 2024/4/5

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 6.1

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2024-0208

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 6.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:fedoraproject:fedora:39, p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:wireshark

必要な KB アイテム: Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2024/2/1

脆弱性公開日: 2023/10/4

参照情報

CVE: CVE-2023-5371, CVE-2023-6174, CVE-2023-6175, CVE-2024-0208

FEDORA: 2024-b72131479b

IAVB: 2023-B-0078-S, 2023-B-0091-S, 2024-B-0001-S