Oracle Linux 9 : postgresql:15 (ELSA-2024-0950)

high Nessus プラグイン ID 191010

概要

リモートの Oracle Linux ホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 9 ホストに、ELSA-2024-0950 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- PostgreSQL の REFRESH MATERIALIZED VIEW CONCURRENTLY の後期権限ドロップにより、オブジェクト作成者がコマンド発行者として任意の SQL 関数を実行する可能性があります。このコマンドは、具体化されたビューの所有者として SQL 関数を実行することを意図しており、信頼できない具体化されたビューを安全にリフレッシュできるようにします。被害者はスーパーユーザーであるか、攻撃者のロールのいずれかのメンバーです。攻撃では、被害者を誘導して、攻撃者の具体化されたビューで REFRESH MATERIALIZED VIEW CONCURRENTLY を実行させる必要があります。この脆弱性の悪用の一環として、攻撃者は CREATE RULE を使用して内部で構築された一時テーブルをビューに変換する関数を作成します。PostgreSQL 15.6、14.11、13.14、12.18 より前のバージョンが影響を受けます。唯一の既知のエクスプロイトは、PostgreSQL 16 以降では機能しません。多層防御の場合、PostgreSQL 16.2 が、古いブランチが脆弱性を修正するために使用している保護を追加しています。(CVE-2024-0985)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2024-0950.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 191010

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2024-0950.nasl

バージョン: 1.1

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2024/2/26

更新日: 2024/5/24

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 9

現状値: 6.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2024-0985

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8

現状値: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-contrib, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-private-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql, cpe:/a:oracle:linux:9:2:appstream_patch, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-plperl, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-test, cpe:/a:oracle:linux:9::appstream, cpe:/o:oracle:linux:9, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-static, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-server-devel, cpe:/a:oracle:linux:9:3:appstream_base, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-upgrade-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-private-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-plpython3, p-cpe:/a:oracle:linux:pg_repack, p-cpe:/a:oracle:linux:pgaudit, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-docs, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-test-rpm-macros, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-upgrade, p-cpe:/a:oracle:linux:postgres-decoderbufs, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-pltcl, p-cpe:/a:oracle:linux:postgresql-server

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2024/2/26

脆弱性公開日: 2024/2/8

参照情報

CVE: CVE-2024-0985

IAVB: 2024-B-0009-S