Curl 8.6.0 < 8.7.0 QUIC 証明書チェックのバイパス (CVE-2024-2379)

high Nessus プラグイン ID 192705

概要

リモートサーバーに、証明書チェックバイパス脆弱性の影響を受けているプログラムがあります。

説明

リモートホストにインストールされている Curl のバージョンは、8.6.0 から 8.7.0 までの間です。- したがって、証明書チェックバイパスの脆弱性の影響を受けます。libcurl は、wolfSSL を使用するようにビルドされた場合、特定の条件下で QUIC 接続の証明書検証をスキップします。未知の/不適切な暗号または曲線を使用するように指示された場合、エラーパスが誤って検証をスキップして OK を返し、証明書の問題を無視します。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

Curl をバージョン 8.7.0 以降にアップグレードしてください

参考資料

https://curl.se/docs/CVE-2024-2379.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 192705

ファイル名: curl_CVE-2024-2379.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2024/3/29

更新日: 2024/4/19

設定: 徹底したチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.0

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 5.8

現状値: 4.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2024-2379

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.4

現状値: 6.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:haxx:curl

必要な KB アイテム: installed_sw/Curl

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2024/3/27

脆弱性公開日: 2024/3/27

参照情報

CVE: CVE-2024-2379

IAVA: 2024-A-0185