Amazon Linux 2 : kernel (ALASKERNEL-5.10-2024-053)

high Nessus プラグイン ID 192738

概要

リモートの Amazon Linux 2 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているカーネルのバージョンは、5.10.210-201.852より前のものです。したがって、ALAS2KERNEL-5.10-2024-053 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

2024-06-06: CVE-2023-52489 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-06-06: CVE-2023-52498 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-06-06: CVE-2023-52492 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-06-06: CVE-2024-26614 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-06-06: CVE-2023-52486 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-06-06: CVE-2023-52672 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-05-23: CVE-2024-26625 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-05-23: CVE-2024-26665 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-04-25: CVE-2024-26602 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-04-10: CVE-2024-23850 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-04-10: CVE-2024-23851 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-04-10: CVE-2023-52429 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-04-10: CVE-2024-0340 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-04-10: CVE-2023-52435 はこのアドバイザリに追加されました。

2024-04-10: CVE-2024-1151 はこのアドバイザリに追加されました。

6.7.4 までの Linux カーネルの drivers/md/dm-table.c 内の dm_table_create は、dm_ioctl.target_count 構造のチェックがないため、(alloc_targets で) INT_MAX バイトを超えて割り当てようとして、クラッシュする可能性があります。(CVE-2023-52429)

Linux カーネルで、以下の脆弱性は解決されています。

net: skb_segment() での mss オーバーフローを防止

この場合も、syzbot は skb_segment() でカーネルをクラッシュさせることができます [1]

GSO_BY_FRAGS は禁止値ですが、残念ながら skb_segment() の次の計算が非常に簡単に到達できます。

mss = mss * partial_segs;

65535 = 3 * 5 * 17 * 257 となり、mss の初期値が非常に多いと、不良な最終結果になる可能性があります。

新しい mss 値が GSO_BY_FRAGS よりも少なくなるように、セグメンテーションを必ず制限してください。

[1]

一般保護違反、おそらく非標準アドレス 0xdffffc000000000e: 0000 [#1] PREEMPT SMP KASANKASAN: 範囲 [0x0000000000000070-0x0000000000000077] の null-ptr-deref CPU: 1 PID: 5079 通信: syz-executor993 Not tainted 6.7.0-rc4-syzkaller-00141-g1ae4cd3cbdd0 #0ハードウェア名: Google Google Compute Engine/Google Compute Engine、BIOS Google 11/10/2023RIP: 0010:skb_segment+0x181d/0x3f30 net/core/skbuff.c:4551Code: 83 e3 02 e9 fb ed ff ff e8 90 68 1c f9 48 8b 84 24 f8 00 00 00 48 8d 78 70 48 b8 00 00 00 00 00 fc ff df 48 89 fa 48 c1 ea 03 <0f> b6 04 02 84 c0 74 08 3c 03 0f 8e 8a 21 00 00 48 8b 84 24 f8 00RSP: 0018:ffffc900043473d0 EFLAGS: 00010202RAX: dffffc0000000000 RBX: 0000000000010046 RCX:
ffffffff886b1597RDX: 000000000000000e RSI: ffffffff886b2520 RDI: 0000000000000070RBP: ffffc90004347578 R08: 0000000000000005 R09: 000000000000ffffR10: 000000000000ffff R11: 0000000000000002 R12:
ffff888063202ac0R13: 0000000000010000 R14: 000000000000ffff R15: 0000000000000046FS:
0000555556e7e380(0000) GS:ffff8880b9900000(0000) knlGS:0000000000000000CS: 0010 DS: 0000 ES: 0000 CR0:
0000000080050033CR2: 0000000020010000 CR3: 0000000027ee2000 CR4: 00000000003506f0DR0: 0000000000000000 DR1: 0000000000000000 DR2: 0000000000000000DR3: 0000000000000000 DR6: 00000000fffe0ff0 DR7:
0000000000000400Call Trace:<TASK>udp6_ufo_fragment+0xa0e/0xd00 net/ipv6/udp_offload.c:109ipv6_gso_segment+0x534/0x17e0 net/ipv6/ip6_offload.c:120skb_mac_gso_segment+0x290/0x610 net/core/gso.c:53__skb_gso_segment+0x339/0x710 net/core/gso.c:124skb_gso_segment include/net/gso.h:83 [inline]validate_xmit_skb+0x36c/0xeb0 net/core/dev.c:3626__dev_queue_xmit+0x6f3/0x3d60 net/core/dev.c:4338dev_queue_xmit include/linux/netdevice.h:3134 [inline]packet_xmit+0x257/0x380 net/packet/af_packet.c:276packet_snd net/packet/af_packet.c:3087 [inline]packet_sendmsg+0x24c6/0x5220 net/packet/af_packet.c:3119sock_sendmsg_nosec net/socket.c:730 [inline]__sock_sendmsg+0xd5/0x180 net/socket.c:745__sys_sendto+0x255/0x340 net/socket.c:2190__do_sys_sendto net/socket.c:2202 [inline]__se_sys_sendto net/socket.c:2198 [inline]__x64_sys_sendto+0xe0/0x1b0 net/socket.c:2198do_syscall_x64 arch/x86/entry/common.c:52 [inline]do_syscall_64+0x40/0x110 arch/x86/entry/common.c:83entry_SYSCALL_64_after_hwframe+0x63/0x6bRIP: 0033:0x7f8692032aa9Code: 28 00 00 00 75 05 48 83 c4 28 c3 e8 d1 19 00 00 90 48 89 f8 48 89 f7 48 89 d6 48 89 ca 4d 89 c2 4d 89 c8 4c 8b 4c 24 08 0f 05 <48> 3d 01 f0 ff ff 73 01 c3 48 c7 c1 b8 ff ff ff f7 d8 64 89 01 48RSP: 002b:00007fff8d685418 EFLAGS: 00000246 ORIG_RAX: 000000000000002cRAX: ffffffffffffffda RBX: 0000000000000003 RCX:
00007f8692032aa9RDX: 0000000000010048 RSI: 00000000200000c0 RDI: 0000000000000003RBP: 00000000000f4240 R08: 0000000020000540 R09: 0000000000000014R10: 0000000000000000 R11: 0000000000000246 R12:
00007fff8d685480R13: 0000000000000001 R14: 00007fff8d685480 R15: 0000000000000003</TASK>リンクされたモジュール:---[ end trace 0000000000000000 ]---RIP: 0010:skb_segment+0x181d/0x3f30 net/core/skbuff.c:4551Code: 83 e3 02 e9 fb ed ff ff e8 90 68 1c f9 48 8b 84 24 f8 00 00 00 48 8d 78 70 48 b8 00 00 00 00 00 fc ff df 48 89 fa 48 c1 ea 03 <0f> b6 04 02 84 c0 74 08 3c 03 0f 8e 8a 21 00 00 48 8b 84 24 f8 00RSP:
0018:ffffc900043473d0 EFLAGS: 00010202RAX: dffffc0000000000 RBX: 0000000000010046 RCX:
ffffffff886b1597RDX: 000000000000000e RSI: ffffffff886b2520 RDI: 0000000000000070RBP: ffffc90004347578 R0
---truncated--- (CVE-2023-52435)

Linux カーネルで、以下の脆弱性は解決されています。

drm: デッドロック処理のため、同じ fb を誤って何度も unref しない (CVE-2023-52486)

Linux カーネルで、以下の脆弱性は解決されています。

mm/sparsemem: memory_section->usage へのアクセス競合の修正 (CVE-2023-52489)

Linux カーネルで、以下の脆弱性は解決されています。

dmaengine: チャネル登録解除関数の NULL ポインターを修正 (CVE-2023-52492)

Linux カーネルで、以下の脆弱性は解決されています。

PM: sleep: コアシステム全体の PM コードの潜在的なデッドロックを修正 (CVE-2023-52498)

Linux カーネルで、以下の脆弱性は解決されています。

pipe: max_usage 設定後の wr_wait の起動 (CVE-2023-52672)

Linux カーネルの ATA over Ethernet (AoE) ドライバーに欠陥が見つかりました。aoecmd_cfg_pkts() 関数は「struct net_device」の refcnt を不適切に更新し、構造体での解放と「skbtxq」グローバルキューを介したアクセスとの間の競合によってメモリ解放後使用 (Use After Free) を発生させる可能性があります。これは、サービス拒否またはコードの実行につながる可能性があります。(CVE-2023-6270)

Linux カーネルの drivers/vhost/vhost.c の vhost_new_msg に脆弱性が見つかりました。vhost/vhost.c:vhost_new_msg() 関数における、仮想ゲストとホストオペレーティングシステムの間で渡されるメッセージでメモリを適切に初期化しません。この問題により、/dev/vhost-net デバイスファイルからの読み取り時に、ローカルの特権ユーザーが一部のカーネルメモリの内容を読み取る可能性があります。(CVE-2024-0340)

Linux カーネルの Open vSwitch サブコンポーネントで、脆弱性が報告されました。この欠陥は、コードプッシュの再帰操作が再帰的にコードブロックを呼び出すときに発生します。OVS モジュールがスタックの深さを検証しないため、多くのフレームをプッシュし、スタックオーバーフローが発生します。その結果、クラッシュまたはその他の関連する問題が発生する可能性があります。(CVE-2024-1151)

投機的実行をサポートする最新の CPU アーキテクチャに影響を与える、投機的競合状態 (SRC) の脆弱性 (Spectre V1 に関連) が開示されました。認証されていない攻撃者がこの脆弱性を悪用し、競合状態を利用して投機的な実行可能コードパスにアクセスすることで、CPU から任意のデータを漏洩させる可能性があります。(CVE-2024-2193)

6.7.1 までの、Linux カーネルの fs/btrfs/disk-io.c の btrfs_get_root_ref では、アサーション失敗およびクラッシュが発生する可能性があります。これは、サブボリューム作成時に、サブボリュームのルート項目が挿入された後すぐサブボリュームが読み取られる可能性があるためです。(CVE-2024-23850)

6.7.1 までの Linux カーネルの drivers/md/dm-ioctl.c の copy_params は、param_kernel->data_size チェックがないため、INT_MAX バイトを超える割り当てを試みてクラッシュする可能性があります。これは、ctl_ioctl に関連しています。(CVE-2024-23851)

Linux カーネルで、以下の脆弱性は解決されています。

netfilter: nft_set_rbtree: gc から終了間隔要素をスキップ

挿入時の rbtree lazy gc が、このトランザクションで追加された終了間隔要素を収集し、まだアクティブになっていない終了間隔要素をスキップする可能性があります。(CVE-2024-26581)

Linux カーネルで、以下の脆弱性は解決されています。

sched/membarrier: sys_membarrier をオンにする機能の低減

一部のシステムでは、sys_membarrier が非常に負荷が高く、全体的なスローダウンを引き起こす可能性があります。そのため、アクセスをシリアル化するためにパスにロックを設定し、これが高すぎる頻度で呼び出されてマシンを飽和する機能を回避します。(CVE-2024-26602)

Linux カーネルで、以下の脆弱性は解決されています。

tcp: accept_queue のスピンロックを必ず 1 度初期化する (CVE-2024-26614)

Linux カーネルで、以下の脆弱性は解決されています。

llc: リリース時に sock_orphan() を呼び出す (CVE-2024-26625)

Linux カーネルで、以下の脆弱性は解決されています。

tunnels: 構築中の IPv6 PMTU エラーの領域外アクセスを修正 (CVE-2024-26665)

Tenable は、前述の記述ブロックをテスト済み製品のセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

「yum update kernel」を実行してシステムを更新してください。

参考資料

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALASKERNEL-5.10-2024-053.html

https://alas.aws.amazon.com/faqs.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-52429.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-52435.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-52486.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-52489.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-52492.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-52498.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-52672.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2023-6270.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2024-0340.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2024-1151.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2024-2193.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2024-23850.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2024-23851.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2024-26581.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2024-26602.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2024-26614.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2024-26625.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2024-26665.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 192738

ファイル名: al2_ALASKERNEL-5_10-2024-053.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2024/4/1

更新日: 2024/6/10

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 6.8

現状値: 5.3

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2024-26581

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:perf, p-cpe:/a:amazon:linux:bpftool, p-cpe:/a:amazon:linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-aarch64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:python-perf-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-livepatch-5.10.210-201.852, cpe:/o:amazon:linux:2, p-cpe:/a:amazon:linux:bpftool-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:amazon:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2024/3/27

脆弱性公開日: 2024/1/4

参照情報

CVE: CVE-2023-52429, CVE-2023-52435, CVE-2023-52486, CVE-2023-52489, CVE-2023-52492, CVE-2023-52498, CVE-2023-52672, CVE-2023-6270, CVE-2024-0340, CVE-2024-1151, CVE-2024-2193, CVE-2024-23850, CVE-2024-23851, CVE-2024-26581, CVE-2024-26602, CVE-2024-26614, CVE-2024-26625, CVE-2024-26665