Slackware Linux 15.0 / current httpd の複数の脆弱性 (SSA:2024-095-01)

high Nessus プラグイン ID 192935

概要

リモートの Slackware Linux ホストに、httpd のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているhttpdのバージョンは、2.4.59より前です。したがって、SSA:2024-095-01 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Apache のコアにおける入力検証に欠陥があるため、悪意のある、または悪用可能なバックエンド/コンテンツジェネレーターが HTTP 応答を分割する可能性があります。この問題は、2.4.58 以前の Apache HTTP Server に影響を与えます。(CVE-2023-38709)

- Apache HTTP Server の複数のモジュールでの HTTP 応答の分割により、攻撃者が悪意のある応答ヘッダーをバックエンドアプリケーションに注入して、HTTP 非同期攻撃を引き起こす可能性があります。ユーザーには、この問題を修正したバージョン 2.4.59 へのアップグレードをお勧めします。(CVE-2024-24795)

- 制限を超える HTTP/2 受信ヘッダーは、情報を提供する HTTP 413 応答を生成するために、nghttp2 で一時的にバッファリングされます。クライアントがヘッダーの送信を停止しない場合、メモリ枯渇につながります。
(CVE-2024-27316)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受ける httpd パッケージをアップグレードしてください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?cc727f5f

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 192935

ファイル名: Slackware_SSA_2024-095-01.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

公開日: 2024/4/4

更新日: 2024/6/7

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.0

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 5.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2024-27316

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:httpd, cpe:/o:slackware:slackware_linux, cpe:/o:slackware:slackware_linux:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2024/4/4

脆弱性公開日: 2024/4/4

参照情報

CVE: CVE-2023-38709, CVE-2024-24795, CVE-2024-27316

IAVA: 2024-A-0202