Ubuntu 14.04 LTS / 16.04 LTS / 18.04 LTS / 20.04 LTS / 22.04 LTS / 23.10 : X.Org X Server の脆弱性 (USN-6721-1)

high Nessus プラグイン ID 192938

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの Ubuntu 14.04LTS / 16.04LTS / 18.04LTS / 20.04LTS / 22.04LTS / 23.10ホストには、USN-6721-1 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- X.org サーバーの ProcXIGetSelectedEvents() 関数に、ヒープベースのバッファオーバーリードの脆弱性が見つかりました。この問題は、バイトスワップされた長さの値が返信で使用されると発生し、特に異なるエンディアンのクライアントによってトリガーされた場合に、メモリリークとセグメンテーション違反が発生する可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用して、X サーバーにヒープメモリの値を読み取らせ、マッピングされていないページに遭遇するまでそれらの値をクライアントに送信して、クラッシュさせる可能性があります。攻撃者は応答にコピーされる特定のメモリを制御できないにもかかわらず、通常は 32 ビットの整数で格納される小さな長さの値により、大量の領域外読み取りが試行される可能性があります。(CVE-2024-31080)

- X.org サーバーの ProcXIPassiveGrabDevice() 関数に、ヒープベースのバッファオーバーリードの脆弱性が見つかりました。この問題は、バイトスワップされた長さの値が返信で使用されると発生し、特に異なるエンディアンのクライアントによってトリガーされた場合に、メモリリークとセグメンテーション違反が発生する可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用して、X サーバーにヒープメモリの値を読み取らせ、マッピングされていないページに遭遇するまでそれらの値をクライアントに送信して、クラッシュさせる可能性があります。攻撃者は応答にコピーされる特定のメモリを制御できないにもかかわらず、通常は 32 ビットの整数で格納される小さな長さの値により、大量の領域外読み取りが試行される可能性があります。(CVE-2024-31081)

- X.org サーバーの ProcAppleDRICreatePixmap() 関数に、ヒープベースのバッファオーバーリードの脆弱性が見つかりました。この問題は、バイトスワップされた長さの値が返信で使用されると発生し、特に異なるエンディアンのクライアントによってトリガーされた場合に、メモリリークとセグメンテーション違反が発生する可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用して、X サーバーにヒープメモリの値を読み取らせ、マッピングされていないページに遭遇するまでそれらの値をクライアントに送信して、クラッシュさせる可能性があります。攻撃者は応答にコピーされる特定のメモリを制御できないにもかかわらず、通常は 32 ビットの整数で格納される小さな長さの値により、大量の領域外読み取りが試行される可能性があります。(CVE-2024-31082)

- X.Org プロジェクトは、ProcXIGetSelectedEvents() 関数が、クライアントが X サーバーと異なるエンディアンである場合、クライアントに返すデータ量として、戻りデータのバイトスワップされた長さを使用すると報告しています。ProcXIPassiveGrabDevice() 関数は、クライアントが X サーバーと異なるエンディアンである場合、クライアントに返すデータ量として、戻りデータのバイトスワップされた長さを使用します。ProcRenderAddGlyphs() 関数は、AllocateGlyph() 関数を呼び出し、クライアントから X サーバーに送信された新しいグリフを保存します。AllocateGlyph() が refcount=0 の新しいグリフを返し、グリフが再利用されても refcount は全く変更されません。したがって、結果として得られる glyph_new 配列には、refcount されていない同じグリフを指し示す複数のエントリが含まれることになります。
ProcRenderAddGlyphs() はグリフを解放する可能性があり、その後に同じグリフポインタが後で使用された場合に、メモリ解放後使用 (use-after-free) となる可能性があります。(CVE-2024-31083)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://ubuntu.com/security/notices/USN-6721-1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 192938

ファイル名: ubuntu_USN-6721-1.nasl

バージョン: 1.1

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2024/4/5

更新日: 2024/4/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 5

現状値: 3.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2024-31083

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:14.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:22.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:23.10, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xdmx, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xdmx-tools, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xmir, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xnest, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xorg-server-source, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xserver-common, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xserver-xephyr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xserver-xorg-core, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xserver-xorg-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xserver-xorg-legacy, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xserver-xorg-xmir, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xvfb, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xwayland

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Debian/dpkg-l, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2024/4/4

脆弱性公開日: 2024/4/4

参照情報

CVE: CVE-2024-31080, CVE-2024-31081, CVE-2024-31082, CVE-2024-31083

USN: 6721-1