Microsoft Edge (chromium) < 124.0.2478.51 の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 193518

概要

リモートホストに、複数の脆弱性の影響を受けるウェブブラウザがインストールされています。

説明

リモートの Windows ホストにインストールされている Microsoft Edge のバージョンは、124.0.2478.51 より前です。したがって、2024 年 4 月 18 日のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Microsoft Edge for Android (Chromium ベース) の情報漏洩の脆弱性 (CVE-2024-29986)

- Microsoft Edge (Chromium ベース) の情報漏洩の脆弱性 (CVE-2024-29987)

- Microsoft Edge (Chromium ベース) のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性 (CVE-2024-29991)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の V8 でのオブジェクト破損により、リモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介してオブジェクト破損を悪用する可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 高) (CVE-2024-3832)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の WebAssembly でのオブジェクト破損により、リモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介してオブジェクト破損を悪用する可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 高) (CVE-2024-3833)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の Downloads でのメモリ解放後使用 (Use After Free) により、リモート攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 高) (CVE-2024-3834)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の QUIC におけるメモリ解放後使用 (Use After Free) により、レンダラープロセスを侵害したリモート攻撃者が、細工した HTML ページを使ってヒープ破損を悪用する可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 中) (CVE-2024-3837)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の Autofill における不適切な実装により、悪意のあるアプリをインストールするようにユーザーを騙した攻撃者が、細工されたアプリを介して UI スプーフィングを実行する可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 中) (CVE-2024-3838)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の Fonts での領域外読み取りにより、リモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介して、プロセスメモリから機密性の高い情報を取得する可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 中) (CVE-2024-3839)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の Site Isolation におけるポリシー実施が不十分なため、リモート攻撃者が、細工された HTML ページを介してナビゲーション制限をバイパスする可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 中) (CVE-2024-3840)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の Browser Switcher におけるデータ検証が不十分なため、リモート攻撃者が、悪質なファイルを介して特権ページにスクリプトや HTML を挿入する可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 中) (CVE-2024-3841)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の Downloads での不十分なデータ検証により、リモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介して、UI スプーティングを実行する可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 中) (CVE-2024-3843)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の Extensions での不適切な実装により、リモート攻撃者が、細工された Chrome 拡張機能を介して、UI なりすましを実行する可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 低) (CVE-2024-3844)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の Networks の不適切な実装により、リモート攻撃者が、細工した HTML ページを介して、混合コンテンツポリシーをバイパスする可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 低) (CVE-2024-3845)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の Prompts での不適切な実装により、特定の UI ジェスチャーを実行するようにユーザーを騙したリモート攻撃者が、細工された HTML ページを介して、UI スプーフィングを実行する可能性がありました。
(Chromium のセキュリティ深刻度: 低) (CVE-2024-3846)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の WebUI のポリシー実施が不十分なため、リモート攻撃者が、細工された HTML ページを介してコンテンツセキュリティポリシーをバイパスする可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 低) (CVE-2024-3847)

- 124.0.6367.60 より前の Google Chrome の V8 でのメモリ解放後使用 (Use After Free) により、リモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。(Chromium のセキュリティ深刻度: 高) (CVE-2024-3914)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

Microsoft Edge をバージョン 124.0.2478.51以降にアップグレードしてください。

参考資料

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3845

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3846

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3847

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3914

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-29986

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-29987

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-29991

http://www.nessus.org/u?9bfb7f33

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3832

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3833

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3834

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3837

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3838

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3839

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3840

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3841

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3843

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2024-3844

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 193518

ファイル名: microsoft_edge_chromium_124_0_2478_51.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2024/4/18

更新日: 2024/5/17

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 7.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2024-3837

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.8

現状値: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:edge

必要な KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated, installed_sw/Microsoft Edge (Chromium)

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2024/4/18

脆弱性公開日: 2024/4/16

参照情報

CVE: CVE-2024-29986, CVE-2024-29987, CVE-2024-29991, CVE-2024-3832, CVE-2024-3833, CVE-2024-3834, CVE-2024-3837, CVE-2024-3838, CVE-2024-3839, CVE-2024-3840, CVE-2024-3841, CVE-2024-3843, CVE-2024-3844, CVE-2024-3845, CVE-2024-3846, CVE-2024-3847, CVE-2024-3914

IAVA: 2024-A-0253-S