RHEL 8 : Red Hat OpenStack Platform 17.1 (python-paramiko) (RHSA-2024:2768)

medium Nessus プラグイン ID 197641

概要

リモートの Red Hat ホストに、Red Hat OpenStack Platform 17.1 (python-paramiko) のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモート Redhat Enterprise Linux 8 ホストに、RHSA-2024:2768 アドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

Paramiko (パラノイドと友人を意味するエスペラント語を組み合わせた造語) は、リモートマシンへの安全な (暗号化および認証された) 接続のための SSH2 プロトコルを実装する、python 2.3 以降用のモジュールです。SSL (別名 TLS) とは異なり、SSH2 プロトコルは強力な中央機関によって署名された階層証明書を必要としません。リモートシェルへの安全なアクセスのために telnet と rsh を置き換えたプロトコルとして SSH2 を知っているかもしれませんが、このプロトコルには、暗号化されたトンネルを介してリモートサービスへの任意のチャネルを開く機能も含まれています。これは、たとえば sftp の動作方法です。

セキュリティ修正プログラム:

* バイナリパケットプロトコル (BPP) に対するプレフィックス切り捨て攻撃 (CVE-2023-48795)

影響、CVSS スコア、謝辞、その他の関連情報を含むセキュリティ問題の詳細については、[参照] セクションに記載されている CVE のページを参照してください。

Tenable は、前述の記述ブロックを Red Hat Enterprise Linux セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

RHEL Red Hat OpenStack Platform 17.1 (python-paramiko) パッケージを RHSA-2024:2768 のガイダンスに基づいて更新してください。

参考資料

https://access.redhat.com/security/updates/classification/#moderate

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=2254210

http://www.nessus.org/u?3dfa4ea3

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2024:2768

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 197641

ファイル名: redhat-RHSA-2024-2768.nasl

バージョン: 1.1

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2024/5/22

更新日: 2024/6/3

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 5.4

現状値: 4.2

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:H/Au:N/C:N/I:C/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2023-48795

CVSS v3

リスクファクター: Medium

基本値: 5.9

現状値: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:redhat:enterprise_linux:8, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python3-paramiko, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-paramiko

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2024/5/22

脆弱性公開日: 2023/12/18

参照情報

CVE: CVE-2023-48795

CWE: 222

RHSA: 2024:2768