FreeBSD: Composer -- 悪意のある git/hg ブランチ名による複数のコマンドインジェクション (5f608c68-276c-11ef-8caa-0897988a1c07)

high Nessus プラグイン ID 200310

Language:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、5f608c68-276c-11ef-8caa-0897988a1c07 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

Composer プロジェクトによる報告:
git ソースからインストールされたパッケージのステータス、再インストール、および削除コマンドに、リポジトリ内の特別に細工されたブランチ名が含まれていると、コードの実行に使用される可能性があります。
特別に細工されたブランチ名がある git/hg リポジトリ内で composer install コマンドを実行すると、コマンドインジェクションが引き起こされる可能性があります。そのため、信頼できないリポジトリのクローンを作成する必要があります。

Tenable は、前述の記述ブロックを FreeBSD セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?9af97478

http://www.nessus.org/u?746d7790

http://www.nessus.org/u?f52946ff

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 200310

ファイル名: freebsd_pkg_5f608c68276c11ef8caa0897988a1c07.nasl

バージョン: 1.1

タイプ: local

公開日: 2024/6/11

更新日: 2024/6/11

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 7.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2024-35242

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.8

現状値: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:php83-composer, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:php82-composer, cpe:/o:freebsd:freebsd, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:php81-composer

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2024/6/10

脆弱性公開日: 2024/6/10

参照情報

CVE: CVE-2024-35241, CVE-2024-35242