Mozilla Firefox < 127.0

critical Nessus プラグイン ID 200314

概要

リモートの macOS または Mac OS X ホストにインストールされている Web ブラウザは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートの macOS または Mac OS X ホストにインストールされている Firefox のバージョンは、127.0 より前のものです。したがって、mfsa2024-25 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- 新しいタブを開いたときに特定のアクションシーケンスが実行される場合、新しいタブに関連するトリガープリンシパルが間違っていた可能性があります。トリガープリンシパルは、<code>Referer</code> および <code>Sec-</code> ヘッダーを含む多くの値の計算に使用されます。これは、リモートの Web サイトに送信される情報が不正確だったり、誤解を招く可能性があったりするだけでなく、ブラウザ内で不適切なセキュリティチェックが行われる可能性があることを意味します。このバグは Firefox for Android にのみ影響します。Firefox の他のバージョンは影響を受けません。
(CVE-2024-5687)

- ガベージコレクションが適切なタイミングでトリガーされた場合、オブジェクトの移植中にメモリ解放後使用 (Use-After-Free) が発生する可能性がありました。(CVE-2024-5688)

- ユーザーがスクリーンショット (XXX) を撮影していることを検出するだけでなく、Web サイトが表示された「My Shots」ボタンをオーバーレイし、フィッシングに使用される可能性があるレプリカの Firefox スクリーンショットページにユーザーを誘導することができました。(CVE-2024-5689)

- 特定の操作にかかる時間を監視することで、攻撃者は、ユーザーのシステムでどの外部プロトコルハンドラーが機能しているかを推測することができました。(CVE-2024-5690)

- ブラウザを <code>X-Frame-Options</code> ヘッダーで騙すことで、サンドボックス化された iframe がボタンを表示する可能性がありました。このボタンがユーザーによってクリックされると、制限をバイパスして新しいウィンドウを開くことができました。
(CVE-2024-5691)

- Windows で「名前を付けて保存」機能を使用する際、攻撃者がブラウザを騙して、拡張子に無効な文字を含めることで、<code>.url</code> などの許可されていない拡張子でファイルを保存させる可能性がありました。注意: この問題は Windows オペレーティングシステムにのみ影響します。その他のオペレーティングシステムは影響を受けません。(CVE-2024-5692)

- オフスクリーン Canvas が、クロスオリジン汚染を適切に追跡しませんでした。これは、同一オリジンポリシーに違反して別のサイトから画像データにアクセスするために使用される可能性があります。(CVE-2024-5693)

- 攻撃者が JavaScript エンジンのメモリ解放後使用 (Use-After-Free) を引き起こし、ヒープの JavaScript 文字列セクションでメモリを読み取る可能性があります。(CVE-2024-5694)

- 確率的ヒープチェッカーの割り当てを使用する特定のポイントでメモリ不足状態が発生した場合、アサーションがトリガーされ、まれな状況ではメモリ破損が発生する可能性があります。(CVE-2024-5695)

- <code><input></code> タグ内のテキストを操作することで、攻撃者がメモリ破損を引き起こし、潜在的に悪用可能なクラッシュを引き起こす可能性がありました。(CVE-2024-5696)

- Web サイトは、ユーザーが Firefox のビルトインスクリーンショット機能を使用してページのスクリーンショットを撮影したことを検出できました。(CVE-2024-5697)

- データリストを開いている間にフルスクリーン機能を操作することで、攻撃者がテキストボックスをアドレスバーにオーバーレイ表示する可能性があります。これにより、ユーザーの混乱やなりすまし攻撃が発生する可能性がありました。
(CVE-2024-5698)

- 仕様に違反して、<code>Secure</code> などのクッキープレフィックスは、正しく大文字が使用されていない場合に無視されていました。仕様では、大文字と小文字を区別しない比較でチェックする必要があります。これにより、ブラウザがプレフィックスで指定された動作を正しく遵守しなくなる可能性があります。(CVE-2024-5699)

- Firefox 126、Firefox ESR 115.11、および Thunderbird 115.11 に存在するメモリの安全性のバグ。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測しています。(CVE-2024-5700)

- Firefox 126 に存在するメモリの安全性のバグ。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、手間をかけることにより、これらの一部が悪用され、任意のコードが実行される可能性があると推測しています。
(CVE-2024-5701)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

Mozilla Firefox をバージョン 127.0 以降にアップグレードしてください。

参考資料

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2024-25/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 200314

ファイル名: macos_firefox_127_0.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2024/6/11

更新日: 2024/7/12

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 5.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2024-5701

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:firefox

必要な KB アイテム: MacOSX/Firefox/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2024/6/11

脆弱性公開日: 2024/6/11

参照情報

CVE: CVE-2024-5687, CVE-2024-5688, CVE-2024-5689, CVE-2024-5690, CVE-2024-5691, CVE-2024-5692, CVE-2024-5693, CVE-2024-5694, CVE-2024-5695, CVE-2024-5696, CVE-2024-5697, CVE-2024-5698, CVE-2024-5699, CVE-2024-5700, CVE-2024-5701

IAVA: 2024-A-0335-S, 2024-A-0361