CAの複数製品のメッセージキューイングの複数のリモートDoS

medium Nessus プラグイン ID 20840

概要

リモートのメッセージングサービスをクラッシュする可能性があります。

説明

CA Message Queuing Serviceのリモートバージョンは、サービス拒否を引き起こす可能性のある2つの欠陥に対して脆弱です:

- ポート4105での特別に細工されたTCPパケットの不適切な処理(CVE-2006-0529)

- 偽装されたUDP CAMリクエストの処理の失敗(CVE-2006-0530)

ソリューション

CAはCAM1.05、1.07、および1.11用の一連のパッチをリリースしました。

関連情報

https://cxsecurity.com/issue/WLB-2006020014

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 20840

ファイル名: cacam_dos.nasl

バージョン: 1.20

タイプ: remote

ファミリー: Denial of Service

公開日: 2006/2/3

更新日: 2021/12/28

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2006-0529

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:C/C:N/I:N/A:L

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ca:messaging

必要な KB アイテム: CA/MessageQueuing

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

脆弱性公開日: 2006/2/2

参照情報

CVE: CVE-2006-0529, CVE-2006-0530

BID: 16475