Gene6 FTPサーバーの複数コマンドのリモートオーバーフロー

high Nessus プラグイン ID 21324

概要

リモートのFTPサーバーは、バッファオーバーフローの欠陥の影響を受けます。

説明

リモートホストは、Windows用のプロ仕様のFTPサーバーである、Gene6 FTP Serverを使用しているようです。

バナーによると、リモートホストにインストールされているバージョンのGene6 FTP Serverには、特別に細工された「MKD」、「RMD」、「XMKD」、および「XRMD」コマンドを持つ、認証された、匿名のユーザーが悪用する可能性があるバッファオーバーフローの脆弱性があります。これにより、影響を受けるアプリケーションをクラッシュするか、影響を受けるホストで任意のコードを実行します。

ソリューション

Gene6 FTP Serverバージョン3.8.0以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.g6ftpserver.com/forum/index.php?showtopic=2515

https://www.securityfocus.com/archive/1/432839/30/0/threaded

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 21324

ファイル名: gene6_380.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: remote

ファミリー: FTP

公開日: 2006/5/4

更新日: 2018/11/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

脆弱性公開日: 2006/5/3

参照情報

CVE: CVE-2006-2172

BID: 17810