Oracle のデフォルトの SID

info Nessus プラグイン ID 22074

概要

リモートホストのデータベースを特定できます。

説明

リモート Oracle データベースサーバーは、よく知られているシステム識別子(SID)を使用する 1 つ以上のデータベースを含んでいるか、または影響を受けるシステムで使用可能な SID をリストする手段として「サービス」コマンドをサポートしています。

Oracle SID は、所定のホスト上の特定のデータベースを一意に識別する役割を果たし、Oracle データベースに接続する際に必要であるため、攻撃者は、これらの SID を利用して、リモートホストのデータベースにアクセスしようとすることがあります。

ソリューション

特定された SID を変更してください。

プラグインの詳細

深刻度: Info

ID: 22074

ファイル名: oracle_default_sids.nbin

バージョン: 1.270

タイプ: remote

ファミリー: Databases

公開日: 2006/7/19

更新日: 2024/5/20

設定: 徹底したチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:database_server

除外される KB アイテム: global_settings/supplied_logins_only