MailEnable SMTP Connectorの複数のNTLM認証の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 22483

概要

リモートSMTPサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストはWindows用商用メールサーバーであるMailEnableを実行しています。

リモートホストにインストールされているMailEnable ProfessionalまたはMailEnable Enterpriseのバージョンには、NTLM認証サポートに関連する問題がいくつかあります。リモートの認証されていない攻撃者が、これらの欠陥を利用して、リモートホストで任意のコマンドを実行したり、SMTPコネクタをクラッシュさせたりする可能性があります。

NTLM認証は、デフォルトではMailEnableで有効化されていませんが、リモートホストでは有効です。

ソリューション

上のベンダーリンクで参照されているME-10015ホットフィックスを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?43b10751

https://seclists.org/fulldisclosure/2006/Sep/561

http://www.mailenable.com/hotfix/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 22483

ファイル名: mailenable_smtp_ntlm_flaws.nasl

バージョン: 1.19

タイプ: remote

ファミリー: SMTP problems

公開日: 2006/10/2

更新日: 2018/11/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mailenable:mailenable

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2006/9/29

参照情報

CVE: CVE-2006-5176, CVE-2006-5177

BID: 20290

CWE: 119