Mercury IMAP ServerのSEARCHコマンドのリモートオーバーフロー

medium Nessus プラグイン ID 26067

概要

リモートIMAPサーバーは、バッファオーバーフロー脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストが、Pegasus Mailに関連付けられているWindowsとNetWare用の無料のサーバー製品パッケージであるMercury Mail Transport Systemを実行しています。

Mercury Mailのリモートのインストールには、バッファオーバーフローの脆弱性の影響を受けるIMAPサーバーが含まれています。認証されたリモート攻撃者が特別に細工されたSEARCHコマンドを使って、この問題を利用し、リモートアプリケーションをクラッシュさせたり、アプリケーションを実行する権限の範囲内で任意のコードをリモートで実行したりする可能性があります。

ソリューション

現時点では不明です。

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 26067

ファイル名: mercury_imap_search_overflow.nasl

バージョン: 1.18

タイプ: remote

ファミリー: Gain a shell remotely

公開日: 2007/9/20

更新日: 2018/7/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

必要な KB アイテム: imap/login, imap/password

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

参照情報

CVE: CVE-2007-5018

BID: 25733

EDB-ID: 3418

CWE: 119