Microsoft Windows SMB の NULL セッションの認証

high Nessus プラグイン ID 26920
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

NULL セッションでリモート Windows ホストにログインできます。

説明

リモートホストが Microsoft Windows を実行しています。NULL セッションを使用して(つまり、ログインやパスワードなしで)、ログインできます。

構成によって異なりますが、認証されていないリモート攻撃者が、この問題を利用して、リモートホストについての情報を得ることができる場合があります。

ソリューション

言及されている Technet アドバイザリにより、以下のレジストリ変更を適用してください。
設定:
- HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\LSA\RestrictAnonymous=1
- HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lanmanserver\parameters\restrictnullsessaccess=1

レジストリの変更が完了したら、再起動してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?e32d594f

http://www.nessus.org/u?9182e66b

http://www.nessus.org/u?a33fe205

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 26920

ファイル名: smb_null_session.nasl

バージョン: 1.37

タイプ: remote

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2007/10/4

更新日: 2021/7/9

依存関係: smb_login.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-0519

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/null_session_suspected

脆弱性公開日: 1999/7/14

参照情報

CVE: CVE-1999-0519, CVE-1999-0520, CVE-2002-1117

BID: 494