SSL の弱い暗号パッケージがサポートされています

medium Nessus プラグイン ID 26928
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートサービスは、弱い SSL 暗号の使用をサポートしています。

説明

リモートホストは、弱い暗号化を提供する SSL 暗号の使用をサポートします。

注:攻撃者が同じ物理ネットワークにいる場合、悪用はかなり簡単です。

ソリューション

弱い暗号の使用を回避できる場合は、影響を受けるアプリケーションを再構成してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?6527892d

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 26928

ファイル名: ssl_weak_supported_ciphers.nasl

バージョン: 1.31

タイプ: remote

ファミリー: General

公開日: 2007/10/8

更新日: 2021/2/3

依存関係: ssl_supported_ciphers.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: manual

CVSS スコアの根本的理由: Score based on an analysis of the vulnerability by tenable.

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N

脆弱性情報

参照情報

CWE: 326, 327, 720, 753, 803, 928, 934