IBM Lotus DominoのIMAPサービスのメールボックス名のオーバーフロー

high Nessus プラグイン ID 27535

概要

リモートIMAPサーバーは、バッファオーバーフロー脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているIBM Lotus Domino ServerのIMAPサーバーコンポーネントは、特定の詳細不明なコマンドの処理の一部として、メールボックス名を固定サイズのスタックバッファにコピーする前に、メールボックス名を適切に検証できません。認証されている攻撃者が、特別に細工された購読しているメールボックス名を使用してこの問題を利用し、リモートで任意のコードを実行する可能性があります。

注意:悪用が成功すると、通常、WindowsでのSYSTEMレベルのアクセスと、unixのようなシステムでの非rootアクセスが引き起こされます。

ソリューション

Domino 6.5.6 修正パック2 / 7.0.2 修正パック3 / 7.0.3 / 8.0 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?2363e0e5

https://www.securityfocus.com/archive/1/482739/30/0/threaded

https://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21270623

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 27535

ファイル名: domino_imap_overflow.nasl

バージョン: 1.18

タイプ: remote

ファミリー: Gain a shell remotely

公開日: 2007/10/24

更新日: 2022/4/7

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:lotus_domino

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2007-3510

BID: 26176

CWE: 119