Kerio MailServer < 6.5.0の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 31119

概要

リモートメールサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストは、Windows、Linux、およびMac OS Xプラットフォームで利用可能な商用メールサーバーであるKerio MailServerを実行しています。

バナーによると、Kerio MailServerのインストールされているバージョンは、いくつかの問題の影響を受けます:

-Visneticウイルス対策プラグインで、バッファオーバーフローが発生する可能性があります。

-AVGプラグインのNULL DACLに、未だ詳細不明なセキュリティ問題があります。

-uudecodeのデコード中にメモリ破損が発生する可能性があります。

ソリューション

Kerio MailServer 6.5.0以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.kerio.com/kms_history.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 31119

ファイル名: kerio_kms_650.nasl

バージョン: 1.19

タイプ: remote

ファミリー: Gain a shell remotely

公開日: 2008/2/20

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:kerio:kerio_mailserver

必要な KB アイテム: kerio/port

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

参照情報

CVE: CVE-2008-0858, CVE-2008-0859, CVE-2008-0860

BID: 27868

SECUNIA: 29021

CWE: 94, 399