複数ベンダーのNIS rpc.ypupdatedのYPマップ更新の任意リモートコマンド実行

high Nessus プラグイン ID 31683

概要

「ypupdated -i」がこのポートで実行されています。

説明

ypupdatedはNISの一部で、クライアントがNISマップを更新できるようにします。

この古いコマンド実行の脆弱性は、1995年に発見され、修正されました。ただし、「-i」オプションを追加することで、安全でないモードでypupdatedを実行することが引き続き可能です。
パイプ(|)文字で始まる無効なマップ名を指定すると、誰でも対象マシンでrootとしてコマンドを簡単に実行できます。最初のアドバイザリ以来、悪用法は一般に公開されています。

ソリューション

「-i」オプションを削除してください。
このオプションが設定されていない場合、rpc.ypupdatedデーモンは古い欠陥に対して依然として脆弱です。パッチについては、ベンダーにお問い合わせください。

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 31683

ファイル名: ypupdated_remote_exec.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: remote

ファミリー: RPC

公開日: 2008/3/28

更新日: 2020/6/12

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.3

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 1994/12/12

エクスプロイト可能

Metasploit (Solaris ypupdated Command Execution)

参照情報

CVE: CVE-1999-0208

BID: 1749, 28383