McAfee Common Management Agent < 3.6.0.595のUDPパケット処理フォーマット文字列

high Nessus プラグイン ID 31732

概要

リモートホストで実行されているセキュリティ管理サービスは、リモートコード実行の脆弱性の影響を受けます。

説明

そのバナーによると、リモートホストで実行されているMcAfee Common Management Agent(CMA)のバージョンは、3.6.0.595より前です。そのため、vsnwprintf()を必要な書式文字列引数なしで呼び出す、applib.dllのlogDetail()関数内の欠陥の影響を受けます。認証されていないリモート攻撃者が、これを悪用して、特別に細工されたUDPパケットを介して、サービス拒否状態を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。この問題は、デバッグレベルが8(デフォルトではなく最高レベル)に設定されている場合にのみ発生します。Nessusではデバッグレベルの設定を確認しておらず、エージェントのバナーのバージョン番号しか確認していないことに注意してください。

ソリューション

McAfee Common Management Agentバージョン3.6.0 Patch 3用のホットフィックスBZ398370 Build 595を適用してください。

関連情報

http://aluigi.altervista.org/adv/meccaffi-adv.txt

https://www.securityfocus.com/archive/1/archive/1/489476/100/0/threaded

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 31732

ファイル名: mcafee_cma_3_6_0_595.nasl

バージョン: 1.26

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2008/4/3

更新日: 2021/1/19

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.6

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:W/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mcafee:common_management_agent, cpe:/a:mcafee:epolicy_orchestrator

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2008/3/14

脆弱性公開日: 2008/3/12

参照情報

CVE: CVE-2008-1357

BID: 28228

Secunia: 29337

EDB-ID: 31399

CWE: 134