Asterisk IAX2のFWDOWNLリクエストスプーフィングのリモートDoS

medium Nessus プラグイン ID 33564

概要

リモートVoIPサービスが悪用されて、サードパーティホストに対して増幅攻撃が行われる可能性があります。

説明

リモートホストで実行されているAsteriskのバージョンに実装されているファームウェアダウンロードプロトコルが、ハンドシェイクを開始しません。IAX2 FWDOWNLリクエストを偽装することで、認証されていないリモートの攻撃者がこの問題を利用し、影響を受けるホストからの不要なファームウェアパケットをサードパーティのホストに大量に送信する可能性があります。

ソリューション

Asterisk Open Source 1.4.21.2/1.2.30、Asterisk Business Edition C.2.0.3/C.1.10.3/B.2.5.4、s800i(Asterisk Appliance)1.2.0.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://downloads.digium.com/pub/security/AST-2008-011.html

https://www.securityfocus.com/archive/1/494676/30/0/threaded

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 33564

ファイル名: asterisk_iax2_spoofed_fwdownl.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: remote

ファミリー: Denial of Service

公開日: 2008/7/24

更新日: 2018/11/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:asterisk:open_source

必要な KB アイテム: Services/udp/iax2

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2008/7/22

参照情報

CVE: CVE-2008-3264

BID: 30350

Secunia: 31178

CWE: 287