Asterisk IAX2 (IAX) POKE Request Saturation Resource Exhaustion Remote DoS

medium Nessus プラグイン ID 33576
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートVoIPサービスは、リモートのサービス拒否攻撃を受けやすくなっています。

説明

リモートホストで実行されているバージョンのAsteriskは、PONGパケットへの応答でACKパケットを待機している間に、IAX2呼び出し番号を消費します。影響を受けるサービスをPOKEリクエストでフラッディングすることで、認証されていないリモートの攻撃者がこの問題を利用して、すべての利用可能な通話番号を使い果たし、正当なIAX2の通話が通過できなくなる可能性があります。

ソリューション

Asterisk Open Source 1.4.21.2/1.2.30、Asterisk Business Edition C.2.0.3/C.1.10.3/B.2.5.4、s800i(Asterisk Appliance)1.2.0.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://downloads.digium.com/pub/security/AST-2008-010.html

https://www.securityfocus.com/archive/1/494675/30/0/threaded

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 33576

ファイル名: asterisk_iax2_poke_exhaust.nasl

バージョン: 1.19

タイプ: remote

ファミリー: Denial of Service

公開日: 2008/7/25

更新日: 2018/11/15

依存関係: iax2_detection.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.9

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:asterisk:asterisk:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Services/udp/iax2

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2008/7/22

参照情報

CVE: CVE-2008-3263

BID: 30321

CWE: 399

Secunia: 31178