HP-UX ftpd PAM 認証構成弱点の認証バイパス

high Nessus プラグイン ID 33899

概要

リモート ftp サーバーにより、リモート権限のアクセスが可能なことがあります。

説明

バナーによると、リモートホストで実行されている HP-UX FTP サーバーのバージョンは、PHNE_38458 の前のパッチレベルです。このようなバージョンには、報告されているところによれば、特定のアカウント構成で、匿名のリモート攻撃者によって悪用されて、特権的アクセス権を取得されることがある脆弱性が、含まれています。

悪用に成功するには、FTP ユーザーを認証するために pam が使用され、getpwnam が NULL を返す間にユーザーがログインしようとする際に、pam 認証に合格する必要があることに、注意してください。これが発生することがあるのは、例えば、LDAP が pam 認証に使用されている場合に、nsswitch.conf ファイルに「ldap」が「passwd」データベースのソースとして含まれていず、攻撃者が LDAP ディレクトリに含まれているユーザー名でログインしようとする場合です。

ソリューション

パッチ PHNE_38458 または以降を適用してください。

関連情報

http://www.securityfocus.com/advisories/15189

ftp://us-ffs.external.hp.com/hp-ux_patches/s700_800/11.X/PHNE_38458.txt

http://permalink.gmane.org/gmane.comp.security.oss.general/831

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 33899

ファイル名: hpux_ftpd_priv_escalation.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: remote

ファミリー: FTP

公開日: 2008/8/15

更新日: 2021/1/11

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.6

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:hp:hp-ux

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

参照情報

CVE: CVE-2008-1668

BID: 30666

Secunia: 31471

CWE: 264