Serv-U 7.x < 7.2.0.1のSFTPディレクトリ作成ロギングのDoS

medium Nessus プラグイン ID 33937

概要

リモートFTPサーバーは、サービス拒否脆弱性の影響を受けます。

説明

Serv-U 7.xのインストールされているバージョンは、7.2.0.1よりも前であるため、ディレクトリの作成やロギングSFTPコマンドがアプリケーションのクラッシュを引き起こす可能性があるSFTPのバグが含まれていると報告されています。

ソリューション

Serv-Uバージョン7.2.0.1または以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.serv-u.com/kb/1769/ServU-7-vs-ServU-6

https://support.solarwinds.com/Success_Center/Serv-U_Managed_File_Transfer_Serv-U_FTP_Server/Serv-U_Documentation/release_notes

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 33937

ファイル名: servu_7_2_0_1.nasl

バージョン: 1.21

タイプ: remote

ファミリー: FTP

公開日: 2008/8/20

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:serv-u:serv-u:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: ftp/servu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

参照情報

CVE: CVE-2008-3731

BID: 30739

SECUNIA: 31461