Postfix epollファイル記述子の漏洩のローカルDoS

low Nessus プラグイン ID 34347

概要

リモートメールサーバーは、ローカルのサービス拒否攻撃に脆弱性があります。

説明

バナーによると、リモートホストで実行しているバージョンのPostfixは、ユーザーの.forwardファイルなどから非Postfixコマンドを実行する際に、「epoll」ファイル記述子を漏洩させます。ローカル攻撃者が、漏洩したepoll記述子にアクセスして、Postfixに対してサービス拒否攻撃を仕掛ける可能性があります。

この問題は、2.6カーネルを使用してLinuxを実行しているホストにのみ影響を与えます。

ソリューション

Postfix 2.4.9 / 2.5.5 / 2.6-20080902以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.securityfocus.com/archive/1/495894/100/0/threaded

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 34347

ファイル名: postfix_epoll_local_DoS.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: remote

ファミリー: SMTP problems

公開日: 2008/10/6

更新日: 2022/4/11

構成: パラノイドモードの有効化, 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 2.1

Temporal Score: 1.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:postfix:postfix

必要な KB アイテム: Host/OS, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

参照情報

CVE: CVE-2008-3889

BID: 30977

CWE: 20