Serv-U 7.x < 7.3.0.1の複数のリモート脆弱性(DoS、トラバーサル)

high Nessus プラグイン ID 34398

概要

リモートFTPサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

Serv-U 7.xのインストールされているバージョンは、7.3.0.1より前です。報告されているところによれば、これは以下の問題の影響を受けます。

- 認証されたリモートの攻撃者が、STOUコマンドを使用する際にWindowsポートを指定することで、サービスにリモートホスト上のすべてのCPU時間を消費させる可能性があります(例:「CON: 」)。これは、その攻撃者がディレクトリへの書き込みアクセス権を持っている場合です。

- 認証されたリモートの攻撃者が、RNTOコマンドのディレクトリトラバーサル攻撃を介して任意のファイルを上書きまたは作成する可能性があります。

- 認証されたリモートの攻撃者は、宛先を「\」(つまり、「My Computer」)にすることで、名前を変更して現在のWindowsディレクトリにファイルをアップロードできる可能性があります。

ソリューション

Serv-Uバージョン7.3.0.1または以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.serv-u.com/kb/1769/ServU-7-vs-ServU-6

https://support.solarwinds.com/Success_Center/Serv-U_Managed_File_Transfer_Serv-U_FTP_Server/Serv-U_Documentation/release_notes

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 34398

ファイル名: servu_7_3_0_1.nasl

バージョン: 1.21

タイプ: remote

ファミリー: FTP

公開日: 2008/10/14

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:serv-u:serv-u:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: ftp/servu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

参照情報

CVE: CVE-2008-4500, CVE-2008-4501

BID: 31556, 31563

CWE: 20, 22

EDB-ID: 6660, 6661

SECUNIA: 32150