Adobe Reader < 8.1.3 / 9.0 の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 34695

概要

リモート Windows ホストにある PDF ファイルビューアーは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Adobe Reader は、8.1.3 より前のバージョンです。このようなバージョンは、報告されているところによれば、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- サービス拒否の問題が公開されています (CVE-2008-2549)。

- 「util.printf()」JavaScript 関数の浮動小数点指定子を含む書式文字列の解析時におけるスタックベースのバッファオーバーフローにより、攻撃者が任意のコードを実行する可能性があります (CVE-2008-2992)。

- 複数の入力検証エラーによりコードの実行が引き起こされる可能性があります (CVE-2008-4812)。

- 複数の入力検証の問題によりコードの実行が引き起こされる可能性があります。(CVE-2008-4813)

- PDF ドキュメント内のスクリプトコードで使用可能な AcroJS 関数のヒープ破損の脆弱性により、リモートのコードが実行されることがあります。(CVE-2008-4817)

- Adobe Reader で使用される Download Manager の入力検証の問題により、ダウンロードプロセス中にリモートのコードが実行される可能性があります (CVE-2008-5364)。

- Adobe Reader で使用される Download Manager の問題により、ダウンロードプロセス中にユーザーのインターネットセキュリティオプションが変更される可能性があります (CVE-2008-4816)。

- JavaScript メソッドの入力検証の問題によりコードの実行が引き起こされる可能性があります (CVE-2008-4814)。

ソリューション

Adobe Reader 9.0/8.1.3 または以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://secuniaresearch.flexerasoftware.com/secunia_research/2008-14/

https://www.secureauth.com/labs/advisories/adobe-reader-buffer-overflow

http://www.nessus.org/u?4d149b32

http://www.nessus.org/u?b4f90b46

http://www.nessus.org/u?f6f3b943

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-08-072/

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-08-073/

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-08-074/

https://www.securityfocus.com/archive/1/498027/30/0/threaded

https://www.securityfocus.com/archive/1/498032/30/0/threaded

https://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb08-19.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 34695

ファイル名: adobe_reader_813.nasl

バージョン: 1.31

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2008/11/4

更新日: 2022/3/8

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2008-5364

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:adobe:acrobat_reader

必要な KB アイテム: SMB/Acroread/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2008/11/4

CISAの既知の悪用日: 2022/3/24

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Adobe util.printf() Buffer Overflow)

参照情報

CVE: CVE-2008-2549, CVE-2008-2992, CVE-2008-4812, CVE-2008-4813, CVE-2008-4814, CVE-2008-4816, CVE-2008-4817, CVE-2008-5364

BID: 29420, 30035, 32100, 32103, 32105

Secunia: 29773

CWE: 20, 119, 399