ClamAV < 0.94.2のcli_check_jpeg_exploit()の無効な形式のJPEGファイルのDoS

medium Nessus プラグイン ID 35009

概要

リモートのウイルス対策サービスは、サービス拒否攻撃に脆弱です。

説明

バージョンによると、リモートホストのclamdウイルス対策デーモンのバージョンは 0.94.2 より前です。このようなバージョンには、JPEG解析コードに関連する再帰スタックオーバーフローがあります。リモートの攻撃者がこの問題を悪用し、アプリケーションが特別に細工されたJPEGを再帰的にスキャンするようにさせて、最終的にアプリケーションのクラッシュを引き起こせる場合があります。

ソリューション

ClamAV 0.94.2 または以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://bugzilla.clamav.net/show_bug.cgi?id=1266

http://www.nessus.org/u?91209430

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 35009

ファイル名: clamav_0_94_2.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: remote

ファミリー: Gain a shell remotely

公開日: 2008/12/3

更新日: 2018/7/6

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:clamav:clamav

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

参照情報

CVE: CVE-2008-5314

BID: 32555

Secunia: 32926

CWE: 399