EMC RepliStorの複数のリモートヒープベースのバッファオーバーフロー

critical Nessus プラグイン ID 35467

概要

リモートソフトウェアは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

バージョンによると、リモートホストでのEMC RepliStor Serverのインストールは、複数のヒープオーバーフローの脆弱性の影響を受けます。認証されていない攻撃者が特別に細工されたリクエストを送信することで、システムレベルの権限で任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

RepliStor 6.1 SP5 / 6.2 SP4以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?dade10b4

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 35467

ファイル名: emc_replistor_multiple.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: remote

ファミリー: Gain a shell remotely

公開日: 2009/1/27

更新日: 2018/7/10

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

必要な KB アイテム: EMC/RepliStor/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

参照情報

CVE: CVE-2007-6426

BID: 27915

CWE: 119