Adobe Reader < 9.1 / 8.1.4 / 7.1.1 の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 35821

概要

リモート Windows ホストにある PDF ファイルビューアーは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Adobe Reader は、9.1 / 8.1.4 / 7.1.1 より前のバージョンです。このようなバージョンは、報告されているところによれば、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- 「/JBIG2Decode」フィルターで無効な形式の JBIG2 画像ストリームを処理するときに、整数バッファオーバーフローが発生する可能性があります。(CVE-2009-0658)

- Collab オブジェクトの「getIcon()」JavaScript メソッドにある脆弱性により、コードがリモートで実行される可能性があります。(CVE-2009-0927)

- JBIG2 画像ストリームの処理に関連したさらなる脆弱性により、コードがリモートで実行される可能性があります。
(CVE-2009-0193、CVE-2009-0928、CVE-2009-1061、CVE-2009-1062)

攻撃者が、ユーザーを騙して、特別に細工された PDF ファイルを開かせることができる場合、これらの欠陥を悪用して、そのユーザーの権限範囲で任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

Adobe Reader 9.1 / 8.1.4 / 7.1.1 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.tenable.com/security/research/tra-2009-01

https://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb09-03.html

http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb09-04.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 35821

ファイル名: adobe_reader_91.nasl

バージョン: 1.32

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2009/3/11

更新日: 2022/3/28

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2009-0928

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:adobe:acrobat_reader

必要な KB アイテム: SMB/Acroread/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2009/3/10

CISAの既知の悪用日: 2022/4/15

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Adobe Collab.getIcon() Buffer Overflow)

参照情報

CVE: CVE-2009-0193, CVE-2009-0658, CVE-2009-0927, CVE-2009-0928, CVE-2009-1061, CVE-2009-1062

BID: 33751, 34169, 34229

TRA: TRA-2009-01

EDB-ID: 8099

Secunia: 33901

CWE: 20, 119