Xlight FTPサーバーの認証のSQLインジェクション

high Nessus プラグイン ID 36051

概要

リモートFTPは、SQLインジェクションの脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているXlight FTPのバージョンは、ログイン中にSQLインジェクション攻撃に対して脆弱です。これにより、攻撃者はFTPサーバーのコンテキストで任意のSQLコマンドを実行できます。

外部ODBC認証を使用していないインストールは、この脆弱性の影響を受けません。

ソリューション

バージョン3.2.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.xlightftpd.com/whatsnew.htm

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 36051

ファイル名: ftp_xlight_sql_injection.nasl

バージョン: 1.18

タイプ: remote

ファミリー: FTP

公開日: 2009/3/31

更新日: 2018/7/11

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

除外される KB アイテム: global_settings/supplied_logins_only

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

参照情報

CVE: CVE-2009-4795

BID: 34288

Secunia: 34513