EMC RepliStor < 6.2 SP5/6.3 SP2の複数のヒープオーバーフロー

critical Nessus プラグイン ID 38206

概要

リモートソフトウェアは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

バージョンによると、リモートホストにインストールされているEMC RepliStor Serverは、バージョン 6.2 SP5または 6.3 SP2より前のものです。このようなバージョンは、ヒープオーバーフロー脆弱性の影響を受けます。認証されていない攻撃者が、「ctrlservice.exe」または「rep_srv.exe」のいずれかに対して特別に細工されたリクエストを送信し、SYSTEMレベルの権限を使い、リモートシステム上で任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

RepliStor 6.2 SP5 / 6.3 SP2以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.fortiguardcenter.com/advisory/FGA-2009-13.html

http://www.nessus.org/u?1c89e2a9

http://www.nessus.org/u?b7a129da

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 38206

ファイル名: emc_replistor_heap_overflows.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: remote

ファミリー: Gain a shell remotely

公開日: 2009/4/29

更新日: 2018/7/10

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

必要な KB アイテム: EMC/RepliStor/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

参照情報

CVE: CVE-2009-1119

BID: 34449

Secunia: 34699

CWE: 119