Sendmail < 8.13.2のメールのX-Header処理のリモートオーバーフロー

medium Nessus プラグイン ID 38877

概要

リモートメールサーバーは、バッファオーバーフロー脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで、8.13.2より前のバージョンの Sendmailメールサーバーが実行されています。こうしたバージョンは、リモートのバッファオーバーフローの脆弱性による影響を受ける可能性があります。攻撃者がこの欠陥を利用して、影響を受けるアプリケーションの権限で任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

Sendmail 8.13.2以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nmrc.org/~thegnome/blog/apr09/

http://www.sendmail.org/releases/8.13.2

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 38877

ファイル名: sendmail_x_header_buffer_overflow.nasl

バージョン: 1.18

タイプ: remote

ファミリー: SMTP problems

公開日: 2009/5/24

更新日: 2018/9/17

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2009-1490

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:L

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:sendmail:sendmail

必要な KB アイテム: installed_sw/Sendmail

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

参照情報

CVE: CVE-2009-1490

BID: 34944

CWE: 119