6.1.0.27 より前のバージョンの IBM WebSphere Application Server の複数の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 41057
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートアプリケーションサーバーは複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

Fix Pack 27 より前の IBM WebSphere Application Server 6.1 がリモートホストで実行されているようです。このようにこのバージョンは、報告されているところによれば、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- WebSphere Application Server に付属している「Eclipse」ヘルプシステムは、クロスサイトスクリプティング脆弱性の影響を受けます。(PK78917)

- 特別に作り上げた HTTP HEAD メソッドを使って、 セキュリティ制限をバイパスできることがあります。(PK83258)

- 1.8 より前のバージョンの z/OS 用 WebSphere Application Server に新たに配備されたアプリケーションが、安全でない権限が設定されたファイルシステムに保存されると、慎重な扱いが必要な情報が漏洩します。(PK83308)

- JAAS-J2C 認証データの構成に wsadmin スクリプトが使用されている場合、FFDC ログにパスワード値が表示されることがあります。(PK86137)

- Apache APR-util は、サービス拒否問題の影響を受けます。(PK88341)

- expat XML パーサーでのエラーのため、APR-util はサービス拒否問題の影響を受けます。(PK88342)

- Fix Packs 6.1.0.23 および 6.1.0.25 のエラーにより、サービス拒否攻撃をトリガできる可能性があります。(PK91709)

ソリューション

WebSphere Application Server を使用している場合は、Fix Pack 27(6.1.0.27)または以降を適用してください。

WebSphere Application Server を使用しておらず、Tivoli Directory Server に付属している組み込み WebSphere Application Server を使用している場合は、推奨されている最新の eWAS フィックスパックを適用してください。

関連情報

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21404665

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg27009778

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?rs=180&uid=swg27007951#61027

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg1PK91241

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg24023947

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 41057

ファイル名: websphere_6_1_0_27.nasl

バージョン: 1.19

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2009/9/23

更新日: 2018/8/6

依存関係: websphere_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.9

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS2#E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:ibm:websphere_application_server:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: www/WebSphere

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2009/9/21

脆弱性公開日: 2009/9/21

参照情報

CVE: CVE-2009-0023, CVE-2009-1955, CVE-2009-1956, CVE-2009-2091, CVE-2009-2742, CVE-2009-2744, CVE-2009-2743, CVE-2009-3106

BID: 35221, 35251, 35253, 36157, 36455, 36456, 36458

CWE: 119, 189, 264, 399, 79