IBM Tivoli Storage Manager Clientの複数の脆弱性(swg21405562)

critical Nessus プラグイン ID 42824

概要

リモートのバックアップクライアントが、複数の攻撃に対して脆弱です。

説明

リモートホストが、IBM Tivoli Storage Manager(TSM)クライアントを実行しています。
リモートホストで実行しているバージョンには、次の脆弱性の 1 つ以上があります:

- クライアントアクセプターデーモン(CAD)スケジューラでのリモートのスタックベースのバッファオーバーフローにより、任意のコードの実行が引き起こされる可能性があります。(CVE-2009-3853)

- 従来のスケジューラにおけるリモートのスタックベースのバッファオーバーフローにより、任意のコードの実行が引き起こされる可能性があります。(CVE-2009-3854)

-MAILPROGオプションを指定する際に、Unix、Linux、およびOS / 400のAPIクライアントに、詳細不明の不正アクセスの脆弱性があります。報告によると、この脆弱性により、リモートの攻撃者がリモートホスト上の任意のファイルを変更する可能性があります。(CVE-2009-2855)

ソリューション

ベンダーのアドバイザリで参照されている関連するバージョンの Tivoli Storage Manager クライアントにアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 42824

ファイル名: ibm_tsm_client_swg21405562.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: remote

ファミリー: Gain a shell remotely

公開日: 2009/11/16

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:tivoli_storage_manager

必要な KB アイテム: Services/ibm_tsm_cad

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2009/11/3

脆弱性公開日: 2009/11/3

エクスプロイト可能

CANVAS (D2ExploitPack)

Metasploit (IBM Tivoli Storage Manager Express CAD Service Buffer Overflow)

参照情報

CVE: CVE-2009-3853, CVE-2009-3854, CVE-2009-3855

BID: 36916

SECUNIA: 32534

CWE: 119