PHP < 5.2.12 の複数の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 43351

概要

リモート Web サーバーが使用するバージョンの PHP は、複数の欠陥の影響を受けます。

説明

バナーによると、リモートホストにインストールされている PHP のバージョンは、5.2.12 より前です。このようなバージョンは、以下の複数のセキュリティ問題の影響を受けることがあります。

- 「tempnam()」を使用して「safe_mode」構成設定をバイパスできます。(CVE-2009-3557)

- 「posix_mkfifo()」を使用して「open_basedir」構成設定をバイパスできます。
(CVE-2009-3558)

- ファイルのアップロードが有効になっている場合(デフォルトによる)、攻撃者は、「multipart/form-data」コンテンツが含まれている POST リクエストを使ってファイルをアップロードできます(標的のスクリプトが実際にはファイルのアップロード自体をサポートしない場合でも)。攻撃者は、膨大な数のファイル(15,000 ファイル以上)を送り付けることで、Web サーバーがファイルリストを処理している間、その応答を停止することがあります。(CVE-2009-4017)

- 「$_SESSION」が割り込み破壊から保護されておらず、改善された「session.save_path」確認がありません。
(CVE-2009-4143)

- 「htmlspecialchars()」機能で、入力文字列の検証が不十分です。(CVE-2009-4142)

ソリューション

PHP バージョン 5.2.12 または以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?57f2d08f

http://www.php.net/releases/5_2_12.php

http://www.php.net/ChangeLog-5.php#5.2.12

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 43351

ファイル名: php_5_2_12.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2009/12/18

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:php:php

必要な KB アイテム: www/PHP

エクスプロイトの容易さ: No exploit is required

パッチ公開日: 2009/12/17

脆弱性公開日: 2009/12/17

参照情報

CVE: CVE-2009-3557, CVE-2009-3558, CVE-2009-4017, CVE-2009-4142, CVE-2009-4143

BID: 37389, 37390

SECUNIA: 37821

CWE: 79, 264