RHEL 4:Satellite サーバー(RHSA-2008:0261)

critical Nessus プラグイン ID 43835

言語:

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat Network Satellite Server バージョン 5.0.2 が利用可能になりました。この更新には、Red Hat Network Satellite Server コンポーネントのセキュリティ問題に対する多数の修正が含まれています。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新は重要度中のセキュリティ影響があると評価しています。

内部セキュリティレビューの中で、クロスサイトスクリプティングの欠陥が見つかり、Red Hat Network チャネル検索機能に影響を及ぼします。
(CVE-2007-5961)

このリリースでは、Red Hat Network Satellite Server の一部として出荷された各種コンポーネントのいくつかのセキュリティ脆弱性が修正されています。通常の運用環境では、これらのコンポーネントにより Satellite サーバーのユーザーが脆弱性にさらされることはありません。これらのセキュリティの更新により、Satellite サーバーの固有の環境に対するリスクが軽減します。

Apache HTTPD server の複数の欠陥が修正されました。これらの欠陥により、クロスサイトスクリプティング、サービス拒否、情報漏洩などの攻撃が引き起こされる可能性があります。(CVE-2004-0885、CVE-2006-5752、CVE-2006-7197、CVE-2007-1860、CVE-2007-3304、CVE-2007-4465、CVE-2007-5000、CVE-2007-6388)

サービス拒否の欠陥が mod_perl で修正されました。(CVE-2007-1349)

jabberd サーバーにおけるサービス拒否の欠陥が修正されました。
(CVE-2006-1329)

JFreeChart パッケージのイメージマップ機能における、複数のクロスサイトスクリプティング欠陥が修正されました。(CVE-2007-6306)

IBM Java 1.4.2 Runtime における複数の欠陥が修正されました。
(CVE-2007-0243、CVE-2007-2435、CVE-2007-2788、 CVE-2007-2789)

2 つの任意のコード実行の欠陥が OpenMotif パッケージで修正されました。(CVE-2005-3964、CVE-2005-0605)

脆弱な暗号化が発生する欠陥が、perl-Crypt-CBC パッケージで修正されました。(CVE-2006-0898)

Tomcat パッケージの複数の欠陥が修正されました。(CVE-2008-0128、CVE-2007-5461、CVE-2007-3385、CVE-2007-3382、CVE-2007-1358、CVE-2007-1355、CVE-2007-2450、CVE-2007-2449、CVE-2007-0450、CVE-2006-7196、CVE-2006-7195、CVE-2006-3835、CVE-2006-0254、CVE-2005-2090、CVE-2005-4838、CVE-2005-3510)

Red Hat Network Satellite Server 5.0 のユーザーは、これらの問題を解決する 5.0.2 にアップグレードすることが推奨されます。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2004-0885

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2005-0605

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2005-2090

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2005-3510

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2005-3964

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2005-4838

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2006-0254

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2006-0898

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2006-1329

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2006-3835

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2006-5752

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2006-7195

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2006-7196

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2006-7197

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-0243

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-0450

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-1349

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-1355

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-1358

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-1860

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-2435

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-2449

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-2450

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-2788

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-2789

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-3304

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-3382

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-3385

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-4465

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-5000

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-5461

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-5961

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-6306

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2007-6388

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2008-0128

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2008:0261

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 43835

ファイル名: redhat-RHSA-2008-0261.nasl

バージョン: 1.28

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/1/10

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jabberd, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.4.2-ibm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.4.2-ibm-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jfreechart, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openmotif21, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perl-Crypt-CBC, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhn-apache, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhn-modjk-ap13, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhn-modperl, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhn-modssl, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:tomcat5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2008/5/20

脆弱性公開日: 2004/11/3

参照情報

CVE: CVE-2004-0885, CVE-2005-0605, CVE-2005-2090, CVE-2005-3510, CVE-2005-3964, CVE-2005-4838, CVE-2006-0254, CVE-2006-0898, CVE-2006-1329, CVE-2006-3835, CVE-2006-5752, CVE-2006-7195, CVE-2006-7196, CVE-2006-7197, CVE-2007-0243, CVE-2007-0450, CVE-2007-1349, CVE-2007-1355, CVE-2007-1358, CVE-2007-1860, CVE-2007-2435, CVE-2007-2449, CVE-2007-2450, CVE-2007-2788, CVE-2007-2789, CVE-2007-3304, CVE-2007-3382, CVE-2007-3385, CVE-2007-4465, CVE-2007-5000, CVE-2007-5461, CVE-2007-5961, CVE-2007-6306, CVE-2007-6388, CVE-2008-0128

BID: 15325, 16802, 19106, 22085, 22960, 23192, 24004, 24147, 24215, 24475, 24476, 24524, 24645, 25316, 25531, 25653, 26070, 26752, 26838, 27237, 27365, 28481

RHSA: 2008:0261

CWE: 16, 20, 22, 79, 119, 189, 200, 264, 399