MS10-001:Embedded OpenType フォントエンジンの脆弱性により、リモートコードを実行できることがあります(972270)

high Nessus プラグイン ID 43865
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

Embedded OpenType フォントエンジンを使用して、リモート Windows ホストで任意のコードを実行できます。

説明

リモート Windows ホストに含まれているバージョンの Embedded OpenType(EOT)フォントエンジンは、特別に作り上げられたフォントを解凍するときに、「LZCOMP」デコンプレッサで整数オーバーフロー脆弱性の影響を受けます。

攻撃者は、影響を受けるシステムでユーザーをトリックにかけて、特別に作り上げられた EOT フォントでレンダリングしたコンテンツを表示させることができる場合、この問題を利用して、ユーザーの権限の範囲内で任意のコードを実行することがあります。

ソリューション

Microsoft は、Windows 2000、XP、2003、Vista、2008、Windows 7 用パッチのセットをリリースしました。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2010/ms10-001

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 43865

ファイル名: smb_nt_ms10-001.nasl

バージョン: 1.25

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2010/1/12

更新日: 2018/11/15

依存関係: ms_bulletin_checks_possible.nasl, smb_hotfixes.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:microsoft:windows:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2010/1/12

脆弱性公開日: 2010/1/12

参照情報

CVE: CVE-2010-0018

BID: 37671

CWE: 189

MSFT: MS10-001

MSKB: 972270