Adobe Reader < 9.3/8.2 複数の脆弱性(APSB10-02)

critical Nessus プラグイン ID 43876

言語:

概要

リモート Windows ホストにある PDF ファイルビューアーは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Adobe Reader は、9.3/8.2 より前のバージョンです。このようなバージョンは、報告されているところによれば、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- 「Multimedia.api」の use-after-free 脆弱性によってコードが実行される可能性があります。(CVE-2009-4324)

- 「U3D」サポートの配列上下限の問題により、コードが実行される可能性があります。(CVE-2009-3953)

- 「3D」の DLL ロードの脆弱性により、任意のコードの実行が許容される可能性があります。(CVE-2009-3954)

- メモリ破損の脆弱性により、コードが実行される可能性があります。(CVE-2009-3955)

- スクリプト注入の脆弱性。(CVE-2009-3956)

- NULL ポインターデリファレンスの脆弱性により、サービス拒否が発生することがあります。(CVE-2009-3957)

- Download Manager のバッファオーバーフロー脆弱性によってコードが実行される可能性があります。(CVE-2009-3958)

- 「U3D」サポートの整数オーバーフロー脆弱性によってコードが実行される可能性があります。(CVE-2009-3959)

- 「gp.ocx」ActiveX コントロールのバッファオーバーフロー脆弱性によってコードが実行される可能性があります。(CVE-2010-1278)

ソリューション

Adobe Reader を 9.3/8.2 またはそれ以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-10-077/

https://www.securityfocus.com/archive/1/510868/30/0/threaded

http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb10-02.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 43876

ファイル名: adobe_reader_apsb10-02.nasl

バージョン: 1.25

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2010/1/13

更新日: 2022/6/8

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2009-3959

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:adobe:acrobat_reader

必要な KB アイテム: SMB/Acroread/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/1/12

脆弱性公開日: 2010/1/12

CISAの既知の悪用日: 2022/6/22

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Adobe Doc.media.newPlayer Use After Free Vulnerability)

参照情報

CVE: CVE-2009-3953, CVE-2009-3954, CVE-2009-3955, CVE-2009-3956, CVE-2009-3957, CVE-2009-3958, CVE-2009-3959, CVE-2009-4324, CVE-2010-1278

BID: 37331, 37756, 37757, 37758, 37759, 37760, 37761, 37763, 39615

CERT: 508357

Secunia: 37690

CWE: 16, 94, 119, 189, 399