Opera < 10.50 の複数の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 44960

言語:

概要

リモートホストには、複数の問題により影響を受ける Web ブラウザーがあります。

説明

リモートホストにインストールされている Opera のバージョンは 10.50 より前です。このようなバージョンは、次のような複数の問題により影響を受ける可能性があります:

- セッション再ネゴシエーションの処理における TLS プロトコルのエラーにより、中間者攻撃が可能になる場合があります。(944)

- 特定の場合では、Widget プロパティがサードパーティドメインに公開され、widget 情報または widget の構成オプションが漏洩する可能性があります。(959)

ソリューション

Opera 10.50 またはそれ以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://web.archive.org/web/20130225211634/http://www.opera.com/support/kb/view/944/

http://www.opera.com/support/search/view/959/

http://web.archive.org/web/20170826192901/http://www.opera.com:80/docs/changelogs/windows/1050/

http://www.nessus.org/u?df8a9d78

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 44960

ファイル名: opera_1050.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2010/3/2

更新日: 2018/11/15

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:opera:opera_browser

必要な KB アイテム: SMB/Opera/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/3/2

脆弱性公開日: 2010/3/2

参照情報

CVE: CVE-2009-3555, CVE-2010-2659

BID: 36935

Secunia: 38546

CWE: 310