Symantec IM Manager 8.x < 8.3.14(SYM10-005 および SYM10-006)

high Nessus プラグイン ID 45018

概要

リモートの Windows ホストで実行されているインスタントメッセージングのセキュリティアプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受ける可能性があります。

説明

8.3.14 より前のバージョンの Symantec IM Manager 8.x がリモートの Windows ホストにインストールされています。これらのバージョンは、以下の 1 つまたは両方の脆弱性の影響を受けます:

- サードパーティー Autonomy KeyView モジュールに存在する整数オーバーフローの脆弱性が、特別に細工された OLE ドキュメントを解析する際に発生し、ヒープオーバーフローおよび任意のコードの実行が引き起こされる可能性があります。(CVE-2009-3032)

- IM Manager コンソールは、コンソールへの承認されたアクセスを有する、権限を持たないユーザーからのユーザー入力を適切にフィルターできません。これが悪用され、ユーザーのブラウザに任意の HTML またはスクリプトコードが注入され、影響を受けるサイトのセキュリティコンテキストの範囲内で実行される可能性があります。(CVE-2009-3036)

ソリューション

Symantec IM Manager 8.4.13(ビルド 8.4.1362)以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?8c5c8bce

https://seclists.org/fulldisclosure/2010/Mar/109

http://www.nessus.org/u?230effbc

http://www.nessus.org/u?54fdc398

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 45018

ファイル名: symantec_im_mgr_keyview_ole_overflow.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2010/3/9

更新日: 2018/11/15

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:symantec:im_manager

必要な KB アイテム: SMB/Symantec/im_mgr/Build, SMB/Symantec/im_mgr/Path

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2010/3/4

脆弱性公開日: 2010/3/4

参照情報

CVE: CVE-2009-3032, CVE-2009-3036

BID: 38241, 38468

Secunia: 38809

CWE: 79, 189