MS10-020:SMB クライアントの脆弱性により、リモート コードを実行できることがあります(980232)

high Nessus プラグイン ID 45507
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

インストールされている SMB クライアントを介して、リモートホストで任意のコードを実行できます。

説明

リモート Windows ホストにインストールされているバージョンの SMB クライアントソフトウェアは、1 つ以上の脆弱性の影響を受けることがあります。これには、任意のコードを実行できることがある以下のような一部の脆弱性が含まれます。

- 不完全な SMB 応答の不適切な処理が悪用されて、システムが応答を停止することがあります。
(CVE-2009-3676)

- 特別に作り上げられた SMB 応答を解析するときに SMB クライアントがメモリを割り当てる方法での脆弱性が、認証されていないリモート攻撃者によって悪用されて、システムレベルの権限で任意のコードが実行されることがあります。
(CVE-2010-0269)

- SMB 応答でのフィールドの不適切な検証により、メモリ破損問題が発生し、システムレベルの権限で任意のコードが実行されることがあります。
(CVE-2010-0270)

- SMB トランザクション応答の不適切な解析により、メモリ破損の問題が発生し、システムレベルの権限でコードが実行されることがあります。(CVE-2010-0476)

- SMB 応答の不適切な処理により、SMB クライアントが応答全体を消費し、Windows カーネルに無効な値を提示することがあります。これにより、リモートコードを実行でき、影響を受けるシステムを危険にさらすことができる場合があります。(CVE-2010-0477)

ソリューション

Microsoft は、Windows 2000、XP、2003、Vista、2008、7、2008 R2 用パッチのセットをリリースしました。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2010/ms10-020

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 45507

ファイル名: smb_nt_ms10-020.nasl

バージョン: 1.23

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2010/4/13

更新日: 2018/11/15

依存関係: smb_hotfixes.nasl, ms_bulletin_checks_possible.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.7

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/4/13

脆弱性公開日: 2009/11/11

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2009-3676, CVE-2010-0269, CVE-2010-0270, CVE-2010-0476, CVE-2010-0477

BID: 36989, 39312, 39336, 39339, 39340

MSFT: MS10-020

MSKB: 980232