MS10-021:Windows カーネルの脆弱性により、権限を昇格できることがあります(979683)

medium Nessus プラグイン ID 45508
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

Windows カーネルは 8 つの脆弱性の影響を受けます。その一部により、ローカルの攻撃者は SYSTEM 権限でコードを実行できます。

説明

リモート Windows ホストで実行されているバージョンの Windows カーネルは、以下の 8 つの脆弱性の影響を受けます。

- Windows カーネルシステム呼び出しに渡されるレジストリキーの検証が不十分なため、Windows カーネルにサービス拒否脆弱性が存在します。
(CVE-2010-0234)

- カーネルがシンボリックリンクの値を処理する方法により、Windows カーネルにサービス拒否脆弱性が存在します。(CVE-2010-0235)

- レジストリキーからシンボリックリンクを抽出するときのメモリの割り当て方法により、Windows カーネルに権限昇格脆弱性が存在します。この脆弱性の悪用に成功した攻撃者は、カーネルモードで任意のコードを実行することがあります。
(CVE-2010-0236)

- Windows カーネルが、信頼されていないハイブと信頼されているハイブの間で、シンボリックリンクの作成を適切に制限しないとき、権限昇格脆弱性が存在します。この脆弱性の悪用に成功した攻撃者は、カーネルモードで任意のコードを実行することがあります。(CVE-2010-0237)

- Windows カーネルがレジストリキーを検証する方法に、サービス拒否脆弱性が存在します。
(CVE-2010-0238)

- 仮想パスからのレジストリキーの実際のパスをカーネルが決定する方法により、Windows カーネルにサービス拒否脆弱性が存在します。
(CVE-2010-0481)

- 特別に作り上げられた画像ファイルの不適切な検証により、Windows カーネルにサービス拒否脆弱性が存在します。(CVE-2010-0482)

- Windows カーネルが特定の例外を処理する方法により、Windows カーネルにサービス拒否脆弱性が存在します。(CVE-2010-0810)

ソリューション

Microsoft は、Windows 2000、XP、2003、Vista、2008、7 用バッチのセットをリリースしました。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2010/ms10-021

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 45508

ファイル名: smb_nt_ms10-021.nasl

バージョン: 1.24

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2010/4/13

更新日: 2018/11/15

依存関係: ms_bulletin_checks_possible.nasl, smb_hotfixes.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.2

Temporal Score: 5.1

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:H/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:microsoft:windows:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/4/13

脆弱性公開日: 2010/4/13

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2010-0236, CVE-2010-0235, CVE-2010-0810, CVE-2010-0482, CVE-2010-0234, CVE-2010-0238, CVE-2010-0481, CVE-2010-0237

BID: 39297, 39309, 39323, 39324, 39318, 39322, 39319, 39320

MSFT: MS10-021

MSKB: 979683