Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:mozilla-thunderbird(MDVSA-2010:071)

critical Nessus プラグイン ID 45521

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

mozilla-thunderbird に複数の脆弱性が見つかり、修正されています。

2.0.0.24 以前の Mozilla Thunderbird と 1.1.19 以前の SeaMonkey は、キャストとラインターミネーションを不適切に実行するパーサーで電子メールの添付ファイルを処理します。これにより、リモートの攻撃者がサービス拒否(アプリケーションのクラッシュ)を引き起こしたり、メッセージのインデックスに関係する、細工されたメッセージを通じて任意のコードを実行したりする可能性があります(CVE-2009-0689)。

3.0.12 より前の Mozilla Firefox、および Thunderbird の base64 デコーディング関数の整数オーバーフローにより、リモートの攻撃者が、詳細不明なベクトルを介して、サービス拒否(メモリ破損およびアプリケーションのクラッシュ)を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります(CVE-2009-2463)。

3.0.14 より前の Mozilla Firefox、および 3.5.3 より前の Mozilla Firefox 3.5.x におけるブラウザエンジンでの複数の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者が、不明なベクトルを介して、サービス拒否(メモリ破損およびアプリケーションのクラッシュ)を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります(CVE-2009-3072)。

3.0.14 より前の Mozilla Firefox、および 3.5.2 より前の Mozilla Firefox 3.5.x における JavaScript エンジンでの複数の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者が、不明なベクトルを介して、サービス拒否(メモリ破損およびアプリケーションのクラッシュ)を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります(CVE-2009-3075)。

3.0.14 より前の Mozilla Firefox、および 3.5.3 より前の Mozilla Firefox 3.5.x が、XUL ツリー要素の列のポインター(別名 TreeColumns)を適切に管理しません。これにより、リモートの攻撃者が、ダングリングポインターの脆弱性に関連して、任意のコードを細工された HTML ドキュメントを介して実行する可能性があります。(CVE-2009-3077)

3.0.15 より前の Mozilla Firefox、3.5.4 より前の Mozilla Firefox 3.5.x、および 2.0 より前の SeaMonkey が、ダウンロードファイル名の right-to-left override(別名 RLO または U+202E)Unicode 文字を適切に処理しません。これにより、リモートの攻撃者が、実行可能ファイルの非実行可能な拡張を表示することにより実証されるように、細工されたファイル名を介して、ファイル拡張を偽装する可能性があります(CVE-2009-3376)。

3.0.16 以前と 3.5.6 以前の 3.5.x の Mozilla Firefox、および 2.0.1 以前の SeaMonkey では、リモートの攻撃者が、ブラウザユーザーの NTLM の認証情報をリプレイすることで、認証されたリクエストを任意のアプリケーションに送信することが可能です(CVE-2009-3983)。

2.0.0.24 以前の Mozilla Thunderbird と 1.1.19 以前の SeaMonkey は、キャストとラインターミネーションを不適切に実行するパーサーで電子メールの添付ファイルを処理します。これにより、リモートの攻撃者がサービス拒否(アプリケーションのクラッシュ)を引き起こしたり、メッセージのインデックスに関係する、細工されたメッセージを通じて任意のコードを実行したりする可能性があります(CVE-2010-0163)。

この更新は、これらの問題に脆弱でない最新バージョンの Thunderbird を提供します。

これらの製品の拡張メンテナンスプログラムにより、2008.0 および 2009.0 のパッケージが提供されています。

さらに、そのために一部のパッケージを再ビルドして、更新として提供する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?280be806

http://www.nessus.org/u?390a975c

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 45521

ファイル名: mandriva_MDVSA-2010-071.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: local

公開日: 2010/4/14

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:beagle, p-cpe:/a:mandriva:linux:beagle-crawl-system, p-cpe:/a:mandriva:linux:beagle-doc, p-cpe:/a:mandriva:linux:beagle-epiphany, p-cpe:/a:mandriva:linux:beagle-evolution, p-cpe:/a:mandriva:linux:beagle-gui, p-cpe:/a:mandriva:linux:beagle-gui-qt, p-cpe:/a:mandriva:linux:beagle-libs, p-cpe:/a:mandriva:linux:firefox-ext-beagle, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-af, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-ar, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-be, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-beagle, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-bg, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-ca, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-cs, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-da, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-de, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-el, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-en_GB, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-ar, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-ca, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-cs, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-de, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-el, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-es, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-fi, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-fr, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-hu, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-it, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-ja, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-ko, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-nb, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-nl, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-pl, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-pt, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-pt_BR, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-ru, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-sl, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-sv, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-tr, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-zh_CN, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail-zh_TW, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-es_AR, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-es_ES, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-et, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-et_EE, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-eu, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-fi, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-fr, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-fy, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-ga, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-gl, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-he, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-hu, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-id, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-is, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-it, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-ja, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-ka, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-ko, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-lt, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-nb_NO, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-nl, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-nn_NO, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-pa_IN, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-pl, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-pt_BR, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-pt_PT, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-ro, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-ru, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-si, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-sk, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-sq, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-sr, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-sv_SE, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-tr, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-uk, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-vi, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-zh_CN, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-zh_TW, p-cpe:/a:mandriva:linux:nsinstall, cpe:/o:mandriva:linux:2008.0, cpe:/o:mandriva:linux:2009.0, cpe:/o:mandriva:linux:2009.1, cpe:/o:mandriva:linux:2010.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/4/23

参照情報

CVE: CVE-2009-0689, CVE-2009-2462, CVE-2009-2463, CVE-2009-2466, CVE-2009-2470, CVE-2009-3072, CVE-2009-3075, CVE-2009-3076, CVE-2009-3077, CVE-2009-3274, CVE-2009-3376, CVE-2009-3380, CVE-2009-3979, CVE-2009-3983, CVE-2010-0159, CVE-2010-0161, CVE-2010-0163, CVE-2010-0169, CVE-2010-0171, CVE-2010-0629

BID: 39247

MDVSA: 2010:071

CWE: 16, 20, 94, 119, 189, 399