openSUSE セキュリティ更新:java-1_6_0-openjdk(openSUSE-SU-2010:0182-1)

high Nessus プラグイン ID 46187

言語 :

New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 9

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

java-1_6_0-openjdk バージョン 1.7.3 は、複数のセキュリティ問題を修正します:

- CVE-2010-0837:JAR「unpack200」は、入力パラメーターを検証する必要があります

- CVE-2010-0845:-Xcomp で実行する場合、HashAttributeSet コンストラクターに対する ClassCastException はありません

- CVE-2010-0838:CMM readMabCurveData のバッファオーバーフローの脆弱性

- CVE-2010-0082:ローダー制約のあるテーブルは、ベースクラスのみではなく、配列を許可します

- CVE-2010-0095:InetAddress のサブクラスが、ネットワークアドレスを不適切に解釈する場合があります

- CVE-2010-0085:ファイル TOCTOU の逆シリアル化の脆弱性

- CVE-2010-0091:署名のないアプレットが、ドロップアクション発生前にドラッグされた情報を取得する可能性があります

- CVE-2010-0088:インフレーター/デフレータークローンの問題

- CVE-2010-0084:Policy/PolicyFile 漏洩の動的 ProtectionDomains。

- CVE-2010-0092:AtomicReferenceArray は、SIGSEGV -> SEGV_MAPERR エラーを引き起こします

- CVE-2010-0094:RMIConnectionImpl オブジェクトの逆シリアル化により、より厳密なチェックを実行する必要があります

- CVE-2010-0093:System.arraycopy は、Integer.MAX_VALUE のバイト数を超える要素を参照できません

- CVE-2010-0840:アプレットの信頼できるメソッドは、権限昇格の脆弱性につながります

- CVE-2010-0848:AWT ライブラリの無効なインデックスの脆弱性

- CVE-2010-0847:ImagingLib における任意のコード実行の脆弱性

- CVE-2009-3555:TLS:セッション再ネゴシエーションを介する MITM 攻撃

ソリューション

影響を受ける java-1_6_0-openjdk パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=594415

https://lists.opensuse.org/opensuse-updates/2010-04/msg00090.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 46187

ファイル名: suse_11_0_java-1_6_0-openjdk-100428.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/4/30

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 9

CVSS v2.0

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-demo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-plugin, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-src, cpe:/o:novell:opensuse:11.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/4/28

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Java Statement.invoke() Trusted Method Chain Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2009-3555, CVE-2010-0082, CVE-2010-0084, CVE-2010-0085, CVE-2010-0088, CVE-2010-0091, CVE-2010-0092, CVE-2010-0093, CVE-2010-0094, CVE-2010-0095, CVE-2010-0837, CVE-2010-0838, CVE-2010-0840, CVE-2010-0845, CVE-2010-0847, CVE-2010-0848

CWE: 310