RHEL 4 / 5:java-1.5.0-sun(RHSA-2010:0338)

high Nessus プラグイン ID 46294

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Red Hat ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat Enterprise Linux 4 Extras および 5 Supplementary に同梱の java-1.5.0-sun パッケージには、セキュリティの欠陥があるため、使用しないでください。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新によるセキュリティ上の影響が重大だと評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Sun 1.5.0 Java リリースには、Sun Java 5 Runtime Environment および Sun Java 5 ソフトウェア開発キットが含まれています。

java-1.5.0-sun パッケージは、多数のセキュリティの欠陥に脆弱であるため、今後は使用しないでください。(CVE-2009-3555、CVE-2010-0082、CVE-2010-0084、CVE-2010-0085、CVE-2010-0087、CVE-2010-0088、CVE-2010-0089、CVE-2010-0091、CVE-2010-0092、CVE-2010-0093、CVE-2010-0094、CVE-2010-0095、CVE-2010-0837、CVE-2010-0838、CVE-2010-0839、CVE-2010-0840、CVE-2010-0841、CVE-2010-0842、CVE-2010-0843、CVE-2010-0844、CVE-2010-0845、CVE-2010-0846、CVE-2010-0847、CVE-2010-0848、CVE-2010-0849)

Sun Java SE Release ファミリー 5.0 は、2009 年 11 月 3 日にサポート終了日を迎えました。RHSA-2009:1571 の更新により、一般に利用可能なバージョン 5.0 の最終的な更新(Update 22)を提供しました。Sun Java SE 5.0 用の重大な修正を常に受け取りたいユーザーは、Oracle に連絡してください:

http://www.sun.com/software/javaforbusiness/index.jsp

Sun Java SE 5.0 に代わるものは IBM Developer Kit for Linux の Java 2 Technology Edition であり、これは Red Hat Network で Extras およびSupplementary チャネルから利用可能です。

Java 6 ランタイムを使用できるアプリケーションは、Red Hat Enterprise Linux 5 に付属のオープンソース JDK である OpenJDK(java-1.6.0-openjdk)5.3 以降、IBM JDK(java-1.6.0-ibm)、または Sun JDK(java-1.6.0-sun)において、Java 6 に移行することができます。

この更新では、サポート終了日を迎えたため、java-1.5.0-sun パッケージを削除しています。

ソリューション

影響を受ける java-1.5.0-sun-uninstall パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2009-3555

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0082

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0084

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0085

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0087

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0088

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0089

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0091

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0092

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0093

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0094

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0095

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0837

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0838

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0839

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0840

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0841

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0842

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0843

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0844

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0845

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0846

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0847

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0848

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-0849

http://www.nessus.org/u?87fbe7cc

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2010:0338

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 46294

ファイル名: redhat-RHSA-2010-0338.nasl

バージョン: 1.33

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/5/11

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.3

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.5.0-sun-uninstall, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:4, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:4.7, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:4.8, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5.2, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5.3, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/3/31

脆弱性公開日: 2009/11/9

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Java MixerSequencer Object GM_Song Structure Handling Vulnerability)

参照情報

CVE: CVE-2009-3555, CVE-2010-0082, CVE-2010-0084, CVE-2010-0085, CVE-2010-0087, CVE-2010-0088, CVE-2010-0089, CVE-2010-0091, CVE-2010-0092, CVE-2010-0093, CVE-2010-0094, CVE-2010-0095, CVE-2010-0837, CVE-2010-0838, CVE-2010-0839, CVE-2010-0840, CVE-2010-0841, CVE-2010-0842, CVE-2010-0843, CVE-2010-0844, CVE-2010-0845, CVE-2010-0846, CVE-2010-0847, CVE-2010-0848, CVE-2010-0849

RHSA: 2010:0338

CWE: 310