Mac OS X:Java for Mac OS X 10.5 Update 7

high Nessus プラグイン ID 46673

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストに、複数の脆弱性の影響を受ける Java のバージョンがあります。

説明

リモートの Mac OS X ホストが、Update 7 がないバージョン 10.5 の Java for Mac OS X を実行しています。

このソフトウェアのリモートバージョンには複数のセキュリティ脆弱性が含まれています。それらの脆弱性により、信頼されない Java アプレットが昇格された権限を取得して、現在のユーザーの権限で任意のコードを実行する恐れがあります。

ソリューション

Java for Mac OS X 10.5 Update 7 またはそれ以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://support.apple.com/kb/HT4170

http://lists.apple.com/archives/security-announce/2010/May/msg00002.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 46673

ファイル名: macosx_java_10_5_update7.nasl

バージョン: 1.18

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2010/5/19

更新日: 2018/7/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

必要な KB アイテム: Host/MacOSX/packages

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/5/18

脆弱性公開日: 2010/5/18

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Sun Java Web Start Plugin Command Line Argument Injection)

参照情報

CVE: CVE-2009-3555, CVE-2009-3910, CVE-2010-0082, CVE-2010-0084, CVE-2010-0085, CVE-2010-0087, CVE-2010-0088, CVE-2010-0089, CVE-2010-0090, CVE-2010-0091, CVE-2010-0092, CVE-2010-0093, CVE-2010-0094, CVE-2010-0095, CVE-2010-0538, CVE-2010-0539, CVE-2010-0837, CVE-2010-0838, CVE-2010-0840, CVE-2010-0841, CVE-2010-0842, CVE-2010-0843, CVE-2010-0844, CVE-2010-0846, CVE-2010-0847, CVE-2010-0848, CVE-2010-0849, CVE-2010-0886, CVE-2010-0887

BID: 36935, 39069, 39073, 39078, 40238, 40240

CWE: 310