HP System Management Homepage < 6.1.0.102 / 6.1.0-103 の複数の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 46677
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Web サーバーに複数の脆弱性があります。

説明

Web サーバーのバナーによると、リモートホストで実行されているバージョンの HP System Management Homepage(SMH)は、以下の脆弱性の影響を受けている可能性があります。

- セッションの再ネゴシエーションが適切に処理されず、中間者攻撃によってこれが悪用されて、任意の平文が挿入されることがあります。(CVE-2009-3555)

- Windows バージョンの SMH で使用される Namazu コンポーネントのバージョン 2.0.18 の、特定されていない脆弱性。

ソリューション

HP System Management Homepage 6.1.0.102(Windows)/ 6.1.0-103(Linux)または以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://seclists.org/bugtraq/2010/May/139

http://www.nessus.org/u?4e8707ba

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 46677

ファイル名: hpsmh_6_1_0_102.nasl

バージョン: 1.19

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2010/5/19

更新日: 2021/11/18

依存関係: compaq_wbem_detect.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2009-3555

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:L

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:hp:system_management_homepage

必要な KB アイテム: www/hp_smh

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/5/17

脆弱性公開日: 2009/11/4

参照情報

CVE: CVE-2009-3555

BID: 36935

Secunia: 39777

CWE: 310